【853】Corega CG-LAPCIGTをWindows7で使う

とある事情で現在のメインマシンにLANカードを増設する必要が出てきたので、とりあえず在庫をあさってみると「Corega CG-LAPCIGT」というのが出てきました。かなり古い製品ですが、一応Gigabit対応してますし、特にパフォーマンスを求められる環境でもないので、これが動いてくれれば助かります。製品ページを見るとRealtekのRTL8169Sというチップを使っている模様。Realtekなら楽勝だろう、と思ったら・・・、案外てこずりました。

前述のCorega製品ページには、サポートするOSとしてはXPまでしか載っていません。こういうことはよくあるのですが、チップのメーカーのサイトから最新のドライバをダウンロードしてインストールすれば、だいたい動きます。Realtekのサイトを探したら、こちらにちゃんとありました。今回筆者が必要としているのはWindows7(64bit)のドライバですが、Windows8、Windows10のドライバも公開されていますので当分いけそうな感じですね。

早速ダウンロードしてインストール、したのですが、うまく認識されません。デバイスマネージャーからハードウェアのベンダーIDを調べてみると「PCI\VEN_1259&DEV_C107」という表記。Realtekのチップは、かの有名な「PCI\VEN_10EC」になるはずなんですが、どうしたことでしょうか・・・。

この謎のベンダーID&デバイスIDで検索をかけてみたところ、こちらのサイトがヒット。筆者と同様、メーカーサポート外のWindows 2003 Server 64bitで使用するための方法(infファイルを編集)が記載されており、大変参考になりました。感謝です。どうやら、coregaはわざわざRealtekのベンダーID&デバイスIDを書き換えてるらしい!ほんと、余計なことしてくれやがる・・・(爆)。

なお、筆者がRealtekのサイトからダウンロードしたWindows7用のドライバは、上記サイトにある記載内容と異なるところがいくつかあり、そのまま利用することはできませんでした。しかし記載内容を参考にして、それっぽいinfファイルを探し、それっぽい部分を編集すれば動きましたので、備忘録もかねて書き残しておきたいと思います。今回はWindows7 64bitについて書いてますが、Windows7 32bitやWindows8、Windows10でも応用が効くと思われます。(こんな古いカードを今更使う人いないかもしれないけど)

1. RealtekのダウンロードサイトからWindows7用のドライバ「0011-Install_Win7_7097_10162015.zip」をダウンロードして解凍。

2. \WIN7\64\rt64win7.inf をメモ帳で開いて、以下の2箇所を編集。

[ControlFlags]
;ExcludeFromSelect = *
ExcludeFromSelect = PCI\VEN_1259&DEV_C107

※「ExcludeFromSelect = *」をセミコロンでコメントアウトし、太字部分を追加。

[Realtek.NTamd64]
; 8169 Cardbus Jumbo 7k
; remeber to remove from OEM INF list
%RTL8169.DeviceDesc% = R8169C7K.ndi, PCI\VEN_1259&DEV_C107&SUBSYS_C1071259
%RTL8169.DeviceDesc% = R8169C7k.ndi, PCI\VEN_10EC&DEV_8169&SUBSYS_03351154
(以下略)

※太字部分を追加。

3. setup.exeを実行し、ドライバをインストール。

筆者の環境では上記の修正で無事LANカードが動作するようになりました。

【852】壊れたHDDを無料で引き取り

仕事柄、筆者の席の周りにはPC関連部品がいろいろと転がっている。何かあったときのために、と思って残しておいたりするのだが、そのほとんどが結局使われることもなく(笑)ほこりをかぶっている。

そんな部品の中でも処分に困るものの一つがHDD。容量が小さかったり規格が古かったりで、貰い手も無いようなものが20個くらい、フロアの隅に積み上げられている。捨てるにしても、中にデータが入っているので何となく捨てづらい。ソフトを使ってデータ消去することも出来るが、中には物理的に壊れていてソフトを使えないものもある。あるいは規格が古くて、データを消去しようにもインターフェイスが見当たらない(例:Ultra Wide SCSIのHDD)というような場合もある。

そうなると物理的に破壊するのが一番安全ではある。インドネシアではごみの分別なんて無いので、分解して(ふたを開けてディスクに傷をつければデータの復旧は困難)、えいやーで捨ててしまうことも出来るのだが、それもなんだか非効率的な気が、、、日本人的にはスッキリしないんですよね。

ちょっと調べてみたところ、どうやら日本では、こういったHDDを引き取ってくれる業者があるようです。いくつか調べた中で、HDDを単体で、無料で引き取ってくれる「パソコンファーム」という業者に連絡してみました

  • 無料引取り(送料のみ自己負担)
  • 古いHDD、壊れたHDD、なんでもOK
  • 専用機器を使ってデータ消去を行った上で再利用する
  • 物理的に破壊したもの(ふたを開けたり、ドリルで穴を開けたもの)でもOK

なるほど、これなら安心。一時帰国の際、空っぽのスーツケースにHDDを詰め込んで帰って、空港から直接この業者さんに送っちゃいます。

先日の記事で、楽天モバイルの通信SIMの解約について書いたのだが、8月末で解約するためのタイムリミット(8/15)が迫ってきたので、楽天カスタマーセンターに電話してみることに。海外から日本のフリーダイヤルにはかけられないので、海外SIMサービスのページに書かれていた番号(03-3570-5046)に電話してみました。

事情を説明したところ、以下のように丁寧に教えてくれました。

  • この番号は海外SIMサービスの問い合わせ窓口なので、こちらでお客様の情報を調べたり、解約を受け付けることは出来ない。
  • ウェブサイトから解約申し込みが可能なので、そちらから申し込んでもらえないか。
  • 少し時間がかかるかもしれないが、8月末の解約であれば8/15までに受付が完了すればよいので、今申し込めば問題ないと思う。

なんだ。ウェブサイトから解約申し込みできるようになってたんだ・・・。楽天モバイルのウェブサイトの「お問い合わせ」のページの下部の「お問い合わせフォームでのお問い合わせ」から解約の申し込みが可能とのこと。早速進んでみると、まず「お問い合わせ内容」を入力し、次に名前、ユーザーID(ra+11ケタの数字)、メールアドレス等を入力。その際に「カテゴリ」のところで問い合わせの内容を選択できるようになっており、ここで「楽天モバイル→解約→解約」と選択すれば良いようです。数分で完了しました。カテゴリ選択のところのインターフェイスがちょっと分かりにくいので注意。ここが正しく選択されていないとエラーになって受け付けてもらえません。

【850】一時帰国時に使うSIM検討

今月末から家族が約1ヶ月間日本に一時帰国するので、その間のネット接続環境を検討することに。自宅にはWiFiが飛んでいるが、出先でもウェブ検索したり、子供がぐずった時に動画を見せたり(これが非常に重要)することもあるので、とにかくSIMは絶対必要。

これまではOCNモバイルONEプリペイド(容量型)を使ってきた。年間維持費が6480円(1GB 2160円/4ヶ月)と安く済むのだが、最近では1GBの容量では足りなくなってしまうことがある。容量追加も可能だが1GBあたり2160円と割高なので、もう少し容量が多めのサービスを検討したいところ。というわけで、いくつか調べてみた。

b-mobile 「VISITOR SIM」は直販サイトで買えばサービス開始日を事前に指定できて、アクティベーションも不要、容量制限もなし。維持費がかからず使いたいときに申し込めるのはメリットだが、2380円/14日というのは少々割高かもしれない

同様のサービス、FREETEL 「Prepaid Data SIM」「1GB 1780円/7日」プランと、「2GB 2780円/30日」プランがある。b-mobileと違って容量の上限があるので、上限を超えた場合、500MB 1480円のリチャージクーポンを使用しなければならず、結果的に割高になる可能性も。

So-net 「0 SIM」月額基本料金が無料で500MBまで利用でき、それを超えると課金される(上限は5GB 1728円)という仕組み。維持費がかからないのが最大のメリットだが「3ヶ月連続してデータ通信のご利用がない場合、自動的に解約」となるので、我が家のように半年以上日本に帰らない家庭には不向き。

あと候補に挙がるのは、月額基本料金が安いFreetel(322円)、DMM(518円)、イオン(518円)、楽天モバイル(567円)あたりか。楽天は解約しそびれたSIMを持っているので、乗り換えの手間等を考えれば、これを生かしておくのも手か。

などと思案していたところ、日本在住の友人から「だったら一時帰国の間SIMを貸してあげるよ」という申し出が!確かに筆者の友人クラスタには予備のSIMを持ってる人が何人もいそうな気が(笑)。灯台下暗し。大手キャリア、格安SIMに続く第三の選択肢が登場(爆)。(厳密にはSIMを他人に貸すのは???)

というわけでいろいろあったが、結局今回は解約しそびれてた楽天モバイルを使うことに。現在567円/月の最低プランで契約中だが、これでは通信速度が200kbpsと遅いため、一時帰国する8月だけは972円/月のプランに変更し、そのまま8月一杯で今度こそ解約。そして次回の一時帰国(来年?)の時は、誰かのSIMを借してもらう方向で事前調整だなと(笑)。

昨年末に楽天モバイルが実施していたキャンペーンで「honor 6 plus」を半額(22,900円)で入手しました。ただし同時にSIMの契約をすることが条件だったので、事務手数料3000円+最低限のデータSIM(月額525円、通信速度200kbps)にて、とりあえず契約。今年は2月と3月に一時帰国する予定があったので、その際にこのデータSIMを使って、それが終わったら解約しちゃえばいいや、と思っておりました。

ところが楽天モバイルの解約手続きは、ウェブサイトからは出来ず、カスタマーセンターに電話をしなくてはならない模様。しかもウェブサイトを見てもフリーダイヤルの「0800-600-0000」(通話SIM)、「0800-600-0666」(データSIM)しか案内されていません。そう、この番号は海外からかけられないのです。

くじけそうになりましたが、更に探してみたところ、楽天モバイルで海外SIMというサービスがあるようで、そちらのお問い合わせページには海外からもつながる番号として「03-3570-5046」という番号が案内されていました。こちらに国際電話すれば解約手続きが出来そうです。なお解約後にデータSIMを楽天モバイル宛てに返送しなくてはならないようなので、そちらは別途対応する必要がありそうです。

筆者が今後また使うかどうかは分からないですが、備忘録として楽天モバイルを使ってみた感想などを、いくつか。

  • 200kbpsはかなり遅いが、ジャカルタの劣悪通信環境に慣れているので(笑)、メール、FB、Twitter、テキスト中心のウェブ閲覧程度なら何とかなる
  • 毎月プランを変更することが可能。前月25日までにウェブサイトから申し込めばよい。一時帰国のある月だけ高速プランにする、といった運用が可能。
  • 解約はカスタマーセンターに電話で申し込む必要がある。(15日までに申し込めば当月末で解約、16日以降の場合は翌月末で解約)
  • LTEの電波しかつかまない(=3Gの電波はつかめない)。つまりLTE範囲外では(3Gの電波が飛んでいても)利用不可。3Gのみ対応のスマホやWiFiルータに入れても利用不可。
  • 楽天スーパーポイントで支払いが可能(2016年7月から開始、ウェブサイトから事前に申し込む必要あり)

「LTEの電波しかつかまない」というのは、ちょっと古いスマホやWiFiルータを使おうとした時にハマるかもしれないので要注意。そして「楽天スーパーポイントで支払いが可能」になったので、クレジットカードやポイントサイトのポイントを楽天に振って、それで支払いができるというのは結構なメリットではないかと思いますが、いかがでしょうか。

【848】Buffalo Linkstationのバックアップ

筆者は自宅でのデータ保管用にNAS(Buffalo Linkstation LS-Q1.0TL/1D)を使用している。最大HDD×4本を使ってRAID5を構築できるタイプのもので(RAID0, 1 も可)、2009年の購入当初は1TB×2本(RAID1)で使用していたが、現在は1TB×4本(RAID5)で使用中。過去に1度HDDが壊れたことがあるが、RAIDを組んでいたのでデータは無事だった。ファームウェアのエラーが発生したときは少々手間がかかったが(普通の人は諦めて買い換えると思うが)結局直ったので、何だかんだで今日まで約7年使い続けている。

しかし先日、筆者とほぼ同じタイプのLinkstationを使用している某客先で、以下のようなトラブルが発生し、これは他人事ではないなぁと。

  1. HDD×4本でRAID5を構築して利用していたが、そのうち1本がお亡くなりになっていたのに気づかず使用継続。
  2. その後しばらくして動作が不安定に。ここでHDDエラーに気づきHDDを交換する。
  3. RAID5のリビルドの途中で別の1本がお亡くなりになる。データ消失。
  4. データ復旧業者に依頼し、何とか必要なファイルを確保。

おそらく2.の時点で、3.でお亡くなりになったHDDが既に瀕死の状態になっており、その影響で動作が不安定になったのではないかと。そしてリビルドをかける前に必要最低限のファイルのバックアップさえ取っておけば最悪の事態は避けられたのでしょうが、、、まぁ後から振り返るのは簡単ですが、なかなか徹底できないものでしょうな。

そこで筆者もRAID5だけに頼ることなく、定期的なバックアップ取得を考えることにした。ちょうど余っている1TB HDDがあったので、Linkstation本体にUSB接続し、日次で差分バックアップを取ることに。スケジュール設定も簡単。もっと早くやっておけばよかった。

ちなみにUSB接続したHDDはext3形式でフォーマットするのがおすすめ。ext3はUnix系のフォーマットなのでWindows PCに接続しても認識できないのだが、Buffaloからソフトが提供されているので、これをインストールすることで読めるようになる。

ここまでやって改めて思ったのだが、そもそもここまでしてまで7年前のNASを使いつづけてるってのもどうなのかと(爆)。最近は読み書きの速度が速いことを売りにしているNASもあるし、SSDの値段もかなり下がってきてるようで。SSDなら故障の確率もHDDに比べて低いし、日次でバックアップを取っておけばRAIDも要らないくらい。1ベイか2ベイの手ごろなNASを調達しちゃおうかなぁ。

筆者個人は日本のテレビはほとんど見ない。一応アパートではNHKワールドプレミアムは見られるので、ニュースや連続ドラマなどは見られる(NHKのドラマは役者の選定が渋かったりして結構好き)。あとはたまに一時帰国する時に友人に録画してもらったタモリ倶楽部のDVDをもらうくらいで(笑)その程度でまぁ満足している。 ただ家族がジャカルタに来てから「日本のテレビも見たい~」というリクエストが。お友達の家でもそういうシステムを月数千円程度払って導入してる、なんて話もあるようなので、ちょっと調べてみることに。

この手のサービスは誰が何と言おうと法的に完全にクリアになることは当面ないと思うので、突然のサービス停止などのリスクは利用者として負っておく必要があると思う。昨年ジャカルタでもmotto tvというサービスが突然サービス停止となり筆者の周りでも話題になっていた。どうやら中国にサーバを置いている同様の複数のサービスが当局の規制に引っかかって停止に追いこまれた模様で、こうなると利用者としてはもうどうしようもない。代理店に文句を言ったり、返金などを求めたりしても応じてもらえる可能性は低いだろう。

さらに言えば、一応ソフトウェアに関わる仕事をしている者としては、コンテンツの著作権を侵している可能性のあるサービスを利用することに抵抗が無いわけでもない。 日本の現在の法律をクリアする仕組みとしては「Slingbox」がある。これは日本の自宅に置かれた録画機を外部からリモート操作する方法を提供する、という立て付け。既に録画機を自宅に購入済み、利用中で、これから海外に赴任するのなら、使い慣れたインターフェイス(予約画面もそのまま、リモコンも画面上でエミュレートするという徹底ぶり)のまま利用を続けられるのはなかなか便利かもしれません。ただ筆者が今から新たに録画機を買ったり、実家に設置場所を確保したりするのは非現実的。

そんなわけで、葛藤と妥協がチャンプルーした中(笑)、とりあえず利用者としてなるべくリスクを下げるために以下の条件でサービスを検索中。

・複数のサーバを持っていること
→複数の国にあればベター

・モデム等の専用デバイス不要であること
→専用デバイスによる長所もあるのだが、我が家の場合リビング用PCがあるし、別室のPCや旅行先などからも使用したいので

・年一括払いではなく月払いが可能なこと
→まとめ払いでも良いが突然サービスが止まっても納得できる程度の低コスト

・リアルタイム放送だけではなく過去1週間分程度の番組が見られること
→保管期間は長ければ長い方が良い

Web player 24ch」と「Skystream」が比較的いけそうなのですが、もし他にもオススメのサービスをご存知でしたら皆様情報提供よろしくお願いします!

インドネシアでは(近隣諸国もほぼ同じですが)携帯電話用のプリペイドSIMが簡単に手に入ります。SIM自体の価格は5万ルピア程度で、残高(Pulsa・プルサ)を追加(Top Up)すれば電話はもちろんインターネットも利用可能になります。数日程度の滞在でも、現地でSIMを購入した方がコスト的には絶対に有利だと思います。デュアルSIM対応の携帯をお持ちなら更に便利かと(現地SIMを4G/3G/2G、日本のSIMを2G、に割り当てるのがベスト)。

SIMは買ってすぐに使えるわけではなく、アクティベーションなどの手続きも必要なのですが、通常はSIMを買ったお店でパスポートなどを見せれば、お店の人が登録までやってくれます(こういうサービスはアジアならでは)。もちろんPulsaのTop Upもやってくれます。

それはさておき、私の妻もこのプリペイドSIM(Telkomsel Simpati)を使っておりまして、時々「そろそろ有効期限が切れそうなので残高追加して~」というような依頼が来ますので、その都度Bank Mandiriのインターネットバンキングから残高追加をしております。SIMには有効期限があり、期限内に残高追加をすれば更に期限が延長されますが、何もしないまま期限を過ぎてしまうとSIMが無効になってしまいます。SIMを買いなおせばいいだけなのですが、電話番号が変わるのは面倒なので、通常は残高を追加しながら同じSIMを使い続けるわけです。

筆者は毎回、妻のSIMに10万ルピアをTop Upしています。10万ルピアで有効期限を60日延長できるので、約2か月に一度これを繰り返しているわけです。もう少し効率的な方法は無いかと調べてみたところ、Telkomselのウェブサイトに以下のような表がありました。

Nilai pulsa Masa berlaku Nilai pulsa
Masa berlaku
Rp 5,000

Rp 10,000

Rp 15,000

Rp 20,000

Rp 25,000

Rp 50,000

7 hari

15 hari

20 hari

30 hari

30 hari

45 hari

Rp 100,000

Rp 150,000

Rp 200,000

Rp 300,000

Rp 500,000

Rp 1,000,000

60 hari

120 hari

150 hari

180 hari

240 hari

330 hari

この表を見る限りでは、細かくTop Upした方がより少ない出費で長くSIMを生かしておくことができるようです。例えば15日ごとに1万ルピアをTop Upすれば総額4万ルピアで60日間SIMを生かしておくことができます。ただ実際はそんなの面倒ですよね(笑)。そして、もしうっかり忘れたら電話番号が無効になってしまうわけで、たった数百円の節約のためにそんなリスクも負いたくありません。通話やインターネット利用でPulsaもある程度消費されるので、結局は2か月ごとに10万ルピア、くらいが丁度良いところなのかもしれません。

お客さんから預かったノートパソコン。調子が悪い、とのことで見てみると、Windows10にアップグレードされてました、、、どうやらこれが原因のようです。見た感じ、Windows7が出たばかりの頃のPCのようでスペック的にもちょっと厳しそうです。しかしアップグレードしてしまったものは仕方ありませんので対応することに。

アップグレード後にIMEが起動しなくなり、またOutlookの調子が悪くなってメールチェックが出来なくなったとのことでしたので、Officeの修復インストールをしてみましたが状況改善せず。一度アンインストールして、再度インストールしようとすると「Microsoft Office 2007 Personal のセットアップ中にエラーが発生しました。」という表示が出て、それ以上進みません。以前同様の現象は経験しており、その際はこちらのやり方に従ってMicrosoft HotFixを使えば解決したのですが、HotFixがWindows8までしか対応してないっぽいです。そこでウェブサイトの解説に沿って手動で対応してみたのですが、それでもダメ。

そこで根本的にOfficeに関連するファイルをすべて削除してみることに。HotFixも公開されていますが(2007だけでなく各バージョン別に公開されている)、先ほど同様、Windows8までしか対応してないっぽいので手動で対応します。手順が詳しく載っていて、その通りに対応したところ無事インストールできるようになったのですが、まぁとにかくめんどくさかった!(爆)「この場所のこのファイルを削除」「このレジストリを削除」みたいなのが延々続きます。ほかの仕事しながらでしたが、2時間近くかかりましたよ。

というわけでWindows10へのアップグレードにはご注意ください。

【844】HUAWEI E5372s 「Device Locked」対処法

筆者はBolt!のWiFiルータ(HUAWEI E5372s)をSIMフリー化して使っていたのですが、うっかりファームウェアのアップデートを行ってしまったために再びSIMロックがかかった状態になってしまいました。「Device Locked」と表示されて、Bolt!以外のSIMを受け付けません。早速調べてみたところ同様の症状でお困りの方が多数いるようで、対処法を解説したページも見つかりましたが、すべてインドネシア語(当然ですが、、、)。いくつかのページを参考に対処法を確認したところ、以下2段階の手順を踏む必要があるようです。

1. Huawei Flasher.exe を使って最新ファーム(21.270.11.04.1151)から一つ前のファーム(21.270.11.00.1151)に手動で戻す。
2. Firmware Bolt Slim.exeを使ってSIMフリーのファームを書き込む。

この 1. の手順が少々面倒。「Huawei Flasher.exe」というファーム書き込みのためのツールと「FW E5372_Update_21.270.11.00.1151.rar」という圧縮されたファームのイメージをダウンロードする必要があります。2. の方はツールさえ見つかれば、ほぼ全自動で簡単です。以前はDC-UNLOCKERというツールを使って有料でSIMフリー化する必要がありましたが、今は無料のツールが公開されているのですね。素晴らしい!

各ツールの使用方法等は、こちらのサイトの解説が分かりやすいかと(インドネシア語ですがスクリーンショットが多数あるので、よく見れば分かると思う)。各ツールのダウンロード先へのリンクもあります。ツールはファイル名を手がかりにGoogleで検索すれば多数ヒットすると思います。ただしサイトの中には、不要なツールをダウンロードさせようとするような怪しげなところもありますので十分ご注意ください。