1970年から1990年代にかけての、日本のパソコン時代を築き上げてきた人を取り上げた記事を基にした本です。

1ではアスキー創業者の西和彦を中心に取り上げています。僕も彼に関する本や記事はたくさん読んできましたが、ビル・ゲイツとの確執から仲直りまでの部分等、知らなかった秘話もたくさんあって、非常に読み応えがありました。古川さんに関する記載が少なかったのがやや残念ですが、その辺りはまた別の巻で出てくるのかもと期待しています。

本書を読むと、日本のパソコン時代を築き上げてきた人々が、実はアメリカのパソコン産業にも大きな影響を与えていた事がよく分かります。この時の日本は本当にすごかったんだなと思います。そう考えると今の日本はグローバルで大きな影響を与えながら活躍している人があまり見られず、残念な状況だなぁと思います(自分自身の事は棚にあげてますが)。

電脳のサムライたち1 西和彦とその時代1
小学館 (2014-01-10)
売り上げランキング: 171,404
電脳のサムライたち1 西和彦とその時代2
小学館 (2014-01-24)
売り上げランキング: 128,666
電脳のサムライたち1 西和彦とその時代3
小学館 (2014-02-14)
売り上げランキング: 135,310
電脳のサムライたち1 西和彦とその時代4
小学館 (2014-02-28)
売り上げランキング: 135,338

新しいiPhoneがやってきた!

突然僕の季節遅れのサンタが...ではなく、妻からのちょっと早いバレンタインデーのプレゼントが届きました!

83159890_10156909380783133_8615916687419506688_o.jpg

今回はスキップしていた11 Pro。これまではXS Maxだったので一回り小さくなりましたが、やっぱりこのサイズの方が手になじみます。今回は頂き物なのでしっかりプロテクターつけて綺麗に保とうと思います。

丸の内OLとランチ

今日のお昼、急遽時間が出来たので、以前香港に住んでいた友達とランチ。彼女のオフィスすぐ近くのウルフギャング・ステーキハウスで美味しい肉を食べながら久し振りのキャッチアップ。

実は彼女の勤め先は仕事でお世話になっており、昨日も実は打合せでご訪問していたという...色々社内の話や外資系での働き方などについてしゃべってきました。

初のHKUST MBA Alumni Reception in Japn

過去に何度もやっていたような気がしましたが、MBAの卒業生向けに絞ったイベントとしては初開催、らしいです。

インターコンチネンタルにて、20名ほど集まったこのイベント、たまたま出張が重なったので出てきました。今回はMBA Program Directorと、Alumni Development Officeのスタッフが2名。そのうち一名は彼女自身がHKUSTで働き始めた年に僕が新入生としてはいったので、付き合いが既に12年にも及ぶという...なのに今回東京で会うのは初めて!

相変わらず僕が今日来ているメンバーのなかでは一番古い卒業生でしたが、大人しくしておきました。昨日から新しい仕事が割り振られたので、お客様になりそうな職種の方々と少々お話はしてきましたが。

昨日飲み過ぎたこともあり、今日はさくっとホテルへ戻りました。

超久々のRCCNオフ会参加

今日は超久しぶりにRCCNのオフ会参加!僕の希望で香港料理(爆)鹵桟香港 新宿店にて7名ほど集まりました。

25年ぶりに会う方から先月合ったばかりの方まで、もういい歳ですが学生時代に戻ったかのように3時間ほど喋り倒しました。楽しい一時でしたが少々飲みすぎました...。

『訣別 ゴールドマン・サックス』読了

友人でゴールドマン・サックス勤務も何名かいるものの、本書は非常に面白く読めました。面白く、というのは他人事だからですが、当事者からするとそれどころではない事態なのだろうと思います。

2000年当時と比べて今のゴールドマン・サックスやウォール街の住人たちは顧客への奉仕ではなく、自分達の懐を肥やすことに執着しすぎているとの警告。これは2000年当時以前からそういう傾向はあったように思いますが、ゴールドマン・サックスではそうなのかもしれません。

本書が発刊されたのは2012年。それからまた8年ほど経っていますが、今はどうなっているのか、知りたいものです。

訣別 ゴールドマン・サックス
グレッグ・スミス
講談社
売り上げランキング: 202,922

台湾総選挙

昨日台湾にて総統選挙及び立法委員選挙(日本の衆議院に相当)が行われ、蔡英文及び彼女が率いる民進党が勝利を収めました。選挙結果については以下のサイトで纏められています。

數據看2020台灣大選系列之三:總統選舉結果

昨年中頃までは再選は難しいのではと言われていた蔡英文・民進党。香港の反送中デモを見た台湾人たちが彼女たちを後押しした、というのが多くの見立て。今日の香港は明日の台湾だぞ、ということのようです。

ちなみに台湾は国交樹立している国が少ないこともあり、在外投票がありません。そのため世界中に散らばった台湾人たちが選挙のためにわざわざ帰国して投票したのです。投票する権利を持つ事が当たり前のように思い、行使しない日本の人達にも知って欲しい事実です。

顔認識技術をモチーフにした犯罪をとめるため、ハッカー探偵が動く!

前作よりも文章がこなれてきて面白く読めました。

久し振りの九龍寨城訪問で新たな発見

10年ほど前に行ってきた九龍寨城。今日は家族でお出かけしてきました。

入り口の所でボランティアの説明員の方が九龍寨城の事を説明しています。説明員も聞いている人達も皆さん香港人なので広東語なのですが、所々「日本人が~」と言っているのが聞き取れました。そこでよくよく彼等が見ている当時の九龍寨城の模型や断面図を見てみると...。

82146188_10156887877503133_8682368292574199808_o.jpg

1992年、九龍寨城が壊される前に、日本から調査チームが来て九龍寨城内を調査して回ったのだとか。その調査結果に基づき、ブロンズで出来ている模型が作られ、また断面図は調査員の一人が描いたモノで、これが今の九龍寨城公園に飾られているのです。以前はまったく気がつかなかったよ!

日本人すごいですね。

こちらもお仕事絡み。テキサス州は電力取引が完全自由化されており、世界的にも非常に先進的な市場になっているとか。

この事例を紐解きながら日本で昨年今年で立ち上がるベースロード市場、容量市場について必要性を改めて論じています。