今年も一つ歳をとりました。

今年も誕生日がやってきました。今年の前半にある程度いろいろ落ち着いたこともあり、今日は有給を取って、ランチは妻のアレンジでランドマーク・マンダリン内にあるAmberへ。

美味しい創作系フレンチを楽しみながら夫婦で久しぶりにゆったりした時間を楽しみました。

2021Birthday.jpg

夜家に帰ると、妻と上の子による手作りカップケーキが!美味しく頂きました。

ペイパルマフィアの親玉、ピーター・ティールがスタンフォード大学で講演した内容を元に書き下ろした本書。

起業家向けの本ではありますが、ものすごいスピードで変化していく現代に生きるビジネスパーソン全てに当てはまる、彼が考えるところのビジネスの神髄が纏められています。

面白いなと思ったのは、軽視されがちな「営業」について一章設けて、その重要性をじっくり説いていること。とかくテック系スタートアップ、エンジニアは営業を軽視しがちではありますが、自分自身営業をしていて、重要性を思い知っているため、この章に記載されていることは心に残りました。

セミ発見!

朝子供をスクールバスまで送る途中、道に大きな虫が。

Gにしてはでかいしそこまで黒光りしてないぞ...とよく見ると、なんとセミ!

IMG_3081.jpg

セミの鳴き声は香港でもよく聞きますが、抜け殻すらみたこと無かったのでビックリ。しかもまだ生きてました。

IMG_3082.jpg

香港で初めて見ました。子供の教育上良い経験にもなりました(笑)

『Bling Empire』観ました。

昨年Netflixで出た、Crazy Rich Asiansを地で行く、カルフォルニアの大金持ちのアジア人達のリアリティショー。

作り話かと思いましたがそうではなく本当に大金持ちのアジア人達らしく、登場人物の一人は実は本作品のプロデューサーでもあるとのこと。

一通り見て思ったのは、どれだけお金を持っていても、人間の悩みというのは根源的に人対人の人間関係であり、金では解決出来ていないということ。この作品では親との関係、子供との関係、友人関係、パートナーとの関係で悩んでいる姿がたくさん出てきます。それが本作品によりリアリティを与えているということでもあります。

Season 2が出てくるのか分かりませんが、なかなか面白い作品でした。

bling empire.jpg

日本から台湾へ新型コロナワクチンの提供

今日は6月4日。この日にまつわる逸話を書くと香港でも国安法違反で捕まりかねないので書きません(笑)

しかし本日母国が素晴らしい対応をしていました。数日前に台湾向けの新型コロナワクチン提供の可能性を報じられていましたが、本日輸送したとのこと!

日本が台湾へワクチン提供「恩返し」の重要な意味:東洋経済ONLINE

今日のこの日に、大陸を刺激する施策を実行するとは、なかなか菅総理も肝が据わってますね。いや素晴らしいことです。

官邸から、日本の携帯電話3社の料金が高すぎるという批判が出ていたのは1,2年前にニュースで見ていましたが、実際には3年ほど前に遡る伏線があったようで。

当時の官房長官、今の総理が肝いりで対応していた案件だったのですね。本書は日本経済新聞社の記者による著書で、携帯電話市場が成熟市場であるものの、その一方で官製市場でもあるとしています。その定義は矛盾していないか?と思いました。

また3社の価格政策に対して批判的に書いている内容も企業の視線からすれば、巨大な利益を上げて何が悪い、ユーザからの収益を減らす理由等ない、というきわめて基本的な資本主義的回答にならざるを得ないと思うのですが...。もちろんユーザからすれば安ければ安いほどいいのでしょうが、楽天のような台風の目を用意しなくても、既にMVNOで格安回線事業者はたくさんあるわけで。安さだけを取り上げるのなら3社の価格を下げるより、こういう事業者がどうやってマスマーケットを手に入れるかという視点を入れた方が健全だと思うのですが、どうでしょうね?

ドライブシミュレーター

3D自動車シミュレーターがスゴイ!

これは面白い!ついつい遊びすぎてしまいます。

外資IT営業転職と英語、あるいは弱者の転職戦略について:辺境系キャリアのレシピ 〜新卒即無職→海外就職→スペインMBA→?〜

前半のこの部分、めっちゃ共感です。

見込み客を訪問しプレゼンしたところ、先方の担当者が「使えそうなソリューションですね。持ち帰って部内で検討します。」と答えた。ミーティング後、チームの日本人たちが首を傾げている横で、オーストラリア人の上司が小躍りしている。「やったぜ!めっちゃ気に入ってたな!来月には受注できるんじゃないか?」無理ですボス...日本はそういう国じゃないんスよ...

外資系企業における日本人の役割は、こういうコミュニケーションギャップを埋めることもその1つ。非日本人は日本人が言うことを額面通りに受け止め、とかく期待しすぎるところがあるので...。