2003年7月アーカイブ

またまた1ヶ月以上もエッセイを怠けてしまいました。このページの更新はもう無いものと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。今後も細く長く運営を続けていきますので、お付き合いの程よろしくお願いいたします・・・。

というわけで最近すっかり恒例になってしまった、ここ最近の旅行の写真と感想などを。


Part0:駒ヶ根旅行

前回のエッセイに書いた駒ヶ根旅行の時の写真です(ちなみに撮影者は筆者ではありません)。

Part1:香港激安旅行

旅行仲間のこーじに「香港に33000円で行ける」と誘われ、まんまと結託(笑)。空港税などは別途かかりますが、3泊分のホテルが付いてこの値段。ホテルも九龍酒店(カオルーンホテル)という香港の中心街にあるきれいなホテルと、まぁ信じられないお得なツアーなのです。

ただ、このツアーの打診を受けたのが5月中旬。まだSARS騒動がさめやらぬ時期で、こーじも誘う相手をいろいろ考えた挙句、筆者に連絡してきたらしいです(爆)。筆者としては値段も安いし、どうせ日本のマスコミ及びマスコミに影響されやすい一般大衆のこと、あと1ヶ月もすればSARSだって狂牛病のように忘れ去られるだろう、などと楽観的に予測(爆)、ともかくなるべく遅めの日程で予約を入れることを計画しました。ツアーの設定機関が6月末までとなっていたので、6月の最終週末+1日有給で対応しました。

現在東京に住んでいる香港人の友人Elgaが、丁度現地に帰省中だったので、かなりローカルなマンゴープリン屋さんに連れて行ってもらったり。まぁいろいろと楽しみました。2日目の夜に少々はめをはずしすぎて、3日目体調不良だったのは唯一の反省点かな。こーじとElgaには迷惑をかけました、反省。

Part2:越後湯沢サマーツアー

会社の同僚が家族でリゾートマンションを持ってるとのこと。冬場にスキー・スノボで利用することが主だそうですが、夏場に行って、温泉に入ってゆっくりするってのも良いのでは?という話になり、とりあえず男4人、車に詰め込んで行ってみました。

夏の越後湯沢は涼しくて、普段雪に埋まっているところに公園があって、紫陽花が咲いていたりもして、まぁなかなかのものでした。大泉から1時間半位だったかな、結構近いし。湯沢は雪景色しか見たことがなかったので、緑に映える湯沢の高原がもの珍しく感じられましたね。


本当は先週末、袋田の滝に行く予定だったのですが同行予定だった人が都合が悪くなりキャンセルに。この夏の間には行ってみたいなと思っています。この3連休は特に遠出は無し。新砂でテニスしたり、友達と会ったりして過ごす予定です。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、2003年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年6月です。

次のアーカイブは2003年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。