2008年5月アーカイブ

因幡晃のベストをしつこく探しているうち、別のアルバムを見つけてしまいました。「原宿フォーク・グラフティ40」は2枚組ですが、その選曲がすばらしい。さすがフォーライフレコード(!)。早速購入してしまいました。早く聞きたいなぁ〜。

収録曲の中で最も目を引いたのは「あ・れ・か・ら」ですね。テレビドラマ、ハングマンの主題歌。当時筆者はまだ小学生だったのですが、何故かこの曲は良く覚えていて、今でもカラオケでたまに歌ったりします(知ってる人がいないのはほぼ確実なので、歌う環境を選びますが・・・)。自ら作詞作曲して歌っているヒロスケこと文田博資さんが兵藤ゆきさんの旦那さんだというのは基本中の基本。

収録曲は以下の通り。2枚組です(☆は既に音源を持ってる曲)。こうやって見てみると既に持ってる曲が多いな(苦笑)。

1-1. 風の街 / 吉田拓郎
1-2. あの素晴しい愛をもう一度 / 加藤和彦と北山修 ☆
1-3. 夢の中へ / 井上陽水 ☆
1-4. 忘れていた朝 / 赤い鳥
1-5. 風をあつめて / はっぴいえんど
1-6. 今はもうだれも / アリス ☆
1-7. 眠れない夜 / 泉谷しげる
1-8. 地下鉄にのって / 猫 ☆
1-9. 風になりたい / 川村ゆうこ
1-10. ささやかなこの人生 / 風 ☆
1-11. 今日までそして明日から / よしだたくろう
1-12. ポスターカラー / 古井戸
1-13. グッド・タイム・ミュージック / 斉藤哲夫
1-14. キャンディ / 原田真二
1-15. 岬めぐり / 山本コウタロー&ウィークエンド ☆
1-16. 青空、ひとりきり / 井上陽水 ☆
1-17. 春のからっ風 / 泉谷しげる
1-18. さよならをするために / ビリー・バンバン
1-19. やつらの足音のバラード / ムッシュかまやつ
1-20. 雨が空から降れば / 小室等

2-1. ジェラシー / 井上陽水 ☆
2-2. 結婚しようよ / よしだたくろう
2-3. 青春の影(2006 Anniversary Mix) / TULIP
2-4. 地球はメリーゴーランド / ガロ
2-5. アビーロードの街 / 南こうせつとかぐや姫 ☆
2-6. 寒い国から来た手紙 / 泉谷しげる
2-7. ケンとメリー 〜愛と風のように / BUZZ
2-8. 新しい空 / 小出正則
2-9. 雨の物語 / イルカ ☆
2-10. ちどり足 / 古井戸
2-11. 空よ / トワ・エ・モワ
2-12. あ・れ・か・ら / ヒロスケ
2-13. どうしてこんなに悲しいんだろう / 吉田拓郎
2-14. 俺たちの旅 / 中村雅俊 ☆
2-15. なぜか上海 / 井上陽水 ☆
2-16. オリビアを聴きながら / 杏里 ☆
2-17. 愛を止めないで / オフコース ☆
2-18. すかんぽ(哀れな草) / 高田 渡&ヒルトップ・ストリングス・バンド
2-19. 雨上がりの夜空に / RCサクセション
2-20. 春夏秋冬 / 泉谷しげる ☆

たくろうの「どうしてこんなに悲しいんだろう」「結婚しようよ」は共にアルバム「人間なんて」に収録された曲。実家にLPはありますがCDで音源を持っていませんでした。「ある雨の日の情景」とか「自殺の詩」とかも聞きたくなってしまいますね。

「風の街」は山田パンダバージョンは持ってますが、実はたくろうバージョンは聞いたことがないので、これも楽しみ。

斉藤哲夫は「バイバイ・グッドバイ・サラバイ」「今の君はピカピカに光って」しか聞いたことが無かったので、これも楽しみ。

かまやつひろし「やつらの足音のバラード」はギャートルズのエンディングですか。あーこれも懐かしいですね。

「雨が空から降れば」は合唱で歌いましたね。そんな曲を歌う合唱団も珍しいと思いますが。ちなみにその時、中島みゆきの「世情」も一緒に歌いましたけど(^^;)。

例によって個人情報垂れ流し・・・。

CX 718 6/ 5(木) CGK-HKG 0840 1430
CX 502 6/ 6(金) HKG-KIX 1620 2100
CX 501 6/11(水) NRT-HKG 1100 1450
CX 719 6/11(水) HKG-CGK 1600 1945

6/ 5(木) ジャカルタ発、香港着。こーじと合流。
6/ 6(金) こーじの学校見学後、香港発、関空着、伊賀上野の実家泊。
6/ 7(土) 岐阜県内某所にて野暮用。
6/ 8(日) 伊賀上野に戻る。夕方名古屋へ。名古屋泊。
6/ 9(月) 午前中新幹線で東京へ。本社に顔出し。
6/10(火) お客さんのオフィスでミーティング。
6/11(水) 成田発、香港経由、ジャカルタ着。

森高千里が「17才」を歌ったり、本木雅弘が「東へ西へ」を歌っていた頃は、あの名曲がカバーされたか〜、と感心していたものですが、最近カバーがあまりにも多すぎません?個人的には島谷ひとみあたりから、ちょっとやりすぎ感が出てきたように思っています。「亜麻色の髪の乙女」はヒットしましたが、あの騒がしいアレンジには馴染めないなぁ、とか言ってるのは筆者だけでしょうか(^^;)。

モーニング娘。もカバーアルバムを大量に出しているようですが、残念ながらわざわざ聞く気にはならないですね。あとこないだEXILEが「銀河鉄道999」をカバーしたと知って、EXILEファンの筆者は早速聞いてみましたが、これもやっぱり残念ながらタケカワユキヒデに1票ですね。

最近のカバーアルバムとして例外的に良かったのは徳永英明のVocalist。やっぱり歌唱力がすごい。「駅」を聞いた時はホントにしびれましたよ。好評だったので第3弾まで出ましたが、ただ、いくら何でも、そんなに何枚も同じコンセプトで出すようなものでもない気もしますけどね。

さて、そんな中で筆者の目に留まったのがRe-Coverというアルバム。カバーアルバムなのですが、過去の曲を最近の歌手が歌うのではなく、最近のヒット曲を過去の歌手(失礼!)が歌っているのです。しかも1曲1曲歌手が別で、しかも往年の有名歌手が登場しています。

1. TRUE LOVE(三浦和人):「愛はかげろう」
2. Missing you (丸山圭子):「どうぞこのまま」
3. もらい泣き(永井龍雲):「道標なき旅」とか知ってる!?
4. 雪の華(西島三重子):「池上線」
5. 桜坂(岸田敏志):モーニング、モーニング♪君の朝だよ〜。名前の漢字を変えたとのこと。
6. 太陽が燃えている (山田パンダ):かぐや姫
7. 飛び方を忘れた小さな鳥(庄野真代):イスタンブールとモンテカルロ
8. 涙そうそう(因幡晃):声と容姿が結びつかない・・・
9. エイリアンズ(鈴木康博):オフコース
10. 夜空ノムコウ(細坪基佳):ふきのとうですね。「白い冬」が有名ですが筆者は「春雷」が好き。
11. 恋しくて(杉田二郎):ジローズ

ちなみに山本潤子(赤い鳥→ハイ・ファイ・セット)も同様に最近の新しい曲をカバーしたアルバムを出しているようです。

少し前に手に入れた懐メロCDにもそろそろ飽きてきて、新しい音源を手に入れたいなと思い始めました因幡晃のアルバム探しもその一環)。丁度来月一時帰国の予定があるので、その時に持って帰ってこようかなと。だいたい一時帰国の時ってバタバタしていて、店でゆっくり品定めする時間もないし、お目当てのCDがたまたま品切れなんてこともあると思うので、事前に通販で注文して実家(または東京の滞在先)に届くように手配することが多いんですが。

今回食指が動いたのは「カネボウ・ヒット・ソングス」です。その名の通りカネボウのCMソングに使われた曲を集めたCD。カネボウといえば何と言っても「Mr.サマータイム」(サーカス)が印象深い。あとは「唇よ,熱く君を語れ」(渡辺真知子)とか。「すみれ September Love」(一風堂)もカネボウの曲だったんですね、へぇ〜。化粧品会社は広告宣伝にお金をかけるので、CMソングも豪華に作ってますね。

そうそう、カネボウもいいけど「揺れるまなざし」の資生堂はどうなんだ!と思ったらちゃんと同コンセプトのCDを出してました。しかも2枚組。

音椿〜the greatest hits of SHISEIDO〜紅盤 [Compilation]
音椿〜the greatest hits of SHISEIDO〜白盤 [Limited Edition]

あとは複数の化粧品会社の曲を2枚にまとめたアルバム(Rouge-COSMETIC CM SONG COLLECTION-)なんてのもありました。さて、どれを買いましょうかねぇ。冒頭に挙げたカネボウのやつか、資生堂の紅盤が良いかなぁ。

実は今月中に一時帰国する予定があったのですが、結局本社側の都合で6月にずれ込んでしまいました。ギリギリまで決まらなかったので、5/17〜18の週末、そしてインドネシアは20も祝日なのですが、全く予定を入れることが出来ず、すっぽり予定が空いてしまいました。17(土)は打ちっ放しへ、18(日)は自宅でゆっくり。20(祝)はどうしようかと思っていたところ・・・、そうそう、丁度日本から友人夫妻がバリに遊びに来ていたのでした。当初は一時帰国の予定もあって会うのは難しいかなと話していたのですが、19(月)夜から1泊2日の強行日程で急遽バリに行くことにしました。

飛び石連休が絡んでいたこともあって、GAもチェックしたところ全部満席。他の会社も含めて調べてみたのですが値段が普段より高め。格安航空会社なら片道50万ルピア以下で取れることもあるのですが、今回は行き(バタビア航空)が60万ちょい、帰り(エアアジア)が100万ちょい。エアアジアに100万ルピアも払うのはちょっと・・・とも思いましたが、まぁ仕方ないです。当初予約はこんな感じでした。

7P- 741 5/19 17:35 WIB - 20:10 WITA
QZ-7519 5/20 23:59 WITA - 02:05 +1day WIB

で、結論から書くと、

7P- 741 5/19 21:00 WIB - 23:30 WITA ・・・(3時間半遅れ)
QZ-7519 5/21 14:20 WITA - 15:00 WIB ・・・(14時間遅れ)

こんな感じになりました(爆)。

一応補足説明しておきますと、筆者は過去にも上記2社を何度も使っています。その時はここまでひどい遅延はなかったんですよね。もっと言えば、一応一番信頼が置ける、とされているGA(国営ガルーダ・インドネシア航空)でさえ、遅れるときもありますし、キャンセルもあります。インドネシアでは「比較的安心」な航空会社は選べますが「絶対安心」な会社は無いんです(苦笑)。以下に上記2社の特徴を挙げておきます、ご参考までに。

<共通>
・やっぱり安い。
・ウェブからクレジットカード決済で予約、発券可能。
・今のところ墜落してない(^^;)。

<エアアジア>
・機内サービス全くなし(ゆっくり眠れるので筆者は好き、ちなみに有料で簡単な飲食可能)。
・全席自由席(有料で優先搭乗可能)。
・アジア最大の格安航空会社(No Frill Airline)。マレーシアが本拠地。

<バタビア>
・パン+水のサービスあり
・ジャカルタ〜マナドの直行便を毎日運行。

マナドといえばライオンが日本からマナド直行便を飛ばしたいと考えているようですが、まぁいつになるか分かりませんしねぇ。ライオンはB737-900ERを大量導入していることで有名です(筆者もこないだ乗ってみました)。日本からマナド(MDC)に行く場合、シンガポール(SIN)経由が多いと思いますが、確かSIN〜MDCはデイリーじゃなかったはず。ジャカルタ(CGK)経由ならバタビアが毎日1便(+経由便1便)、ライオンが毎日2便(+経由便1便)運行です。ライオンの便はJALのジャカルタ直行便からの接続も良いので、ダイビング好きの人は利用を考えてみても良いのではないでしょうか。例えばこんなプランはどうでしょうか?

<往路>
JL 725 NRT-CGK 11:25 JST - 17:05 WIB
JT 770 CGK-MDC 18:55 WIB - 23:05 WITA

<復路>
JT 777 MDC-CGK 15:05 WITA - 18:45 WIB
JL 726 CGK-NRT 22:15 WIB - 07:45 +1day JST

表題の通りでして(爆)、いろいろ悩んでおります。調べてみたところベスト盤は多数あるのですが、筆者が欲する曲を1枚ですべて収録しているアルバム、となると、あんまり多くないようです。「わかって下さい」「別涙(わかれ)」「タ映えを待ちながら」あたりを外せないのは当然として、できれば「めざめる想い」「俺ひとり」も欲しい。「忍冬(すいかずら)」「セレナーデ」も欲しいところかな。

どうも「俺ひとり」が難題みたいで、収録されているアルバムが極端に少ない模様。しかしバックのベースのリズムと間奏部分がかっこいいので、どうしてももう一度聞きたいのです。ついでにアレンジャーが誰だったのかも確かめたい!(笑)

そんなわけでいろいろ探した中では、たぶんこのアルバムが一番希望に近いのだが・・・、既に廃盤っぽい。「俺ひとり」以外の曲を含んでいるベスト盤は簡単に見つかるので、別枠で考えた方が(アルバムを2枚買う)早いかもな。うん。

> 因幡晃/ベスト・ヒット17
> わかって下さい
> 俺ひとり
> うしろ姿
> 風のハミング
> そして愛…
> Mr.John
> 夢の中なら
> 根なし草
> 忍冬(すいかずら)
> タ映えを待ちながら
> セレナーデ
> 一人よがりのアリア
> 時の流れ
> 夢の中のぬくもり
> 涙あふれて
> めざめる想い
> 別涙(わかれ)

あと7月2日にも新しいベスト盤が出るみたいですが、筆者好みの曲が少ないのでこれは却下だなぁ。

今週はたまたま土日ともにゴルフの予定が入っていなかったので、久々にDriving Range(日本語で言うところの「打ちっ放し」)に行きました。たぶん今年に入って初めてじゃないかな?(苦笑)ゴルフを始めた頃は土曜日にラウンド、日曜日に打ちっ放し、というリズムで続けていたのですが、2年ほど前に家のすぐ近所にあった打ちっ放しが潰れてからは、さぼり気味になってしまっていました。

久々に行って気づいたこと。まず料金が上がっていました。100球で6万ルピア、約700円。前回来たときは確か5万ルピアでした。もっと言えば、筆者がインドネシアに来た当初は3万か4万ルピアだった気がします。それでも日本に比べればまだまだ安いんでしょうけど。

次に感じたのがインドネシア人の客が増えていたこと。これはコースでもよく感じることです。以前はゴルフをするのは外国人(日本人、韓国人、豪州を含む欧米系)がほとんどだったのですが。もちろん全てのインドネシア人が気軽に楽しめるわけではないので、金持ち層だけがやっているのです。インドネシアの金持ち層は、べらぼうに金持ちなので、少々値段が上がっても気にしないでしょうねぇ。

そんなことはさておき、久々の練習でしたがそれなりに成果はありました。最近アイアンの調子が今ひとつだったので、まず7番から始めて感じを掴んでから、4番、5番を打ってみることに。しかし、どうも球の捕まりが悪いようでスライスしてしまいます。そこでバックスイングを心持ちゆっくり、心持ち多めに振りかぶるようにして、徐々に修正したところスライス幅が減少しました。短いアイアンの場合はあまり気にしなくても大丈夫ですが、4番、5番あたりになると気をつけないといけませんね。

長めのアイアンを振り回すと疲れるので(笑)、ちょっと休憩して短めのアイアンへ。100m付近のターゲットを9番で狙い、その後、30m付近のターゲットに向けてアプローチ練習。筆者の場合、50m以下はAW(52度)を使いますが、固いラフからのアプローチや、バンカー越えなどでランを極力出したくない場合にはSW(56度)を使うこともあります。この日は同じ距離をAWとSWで狙って距離感を確認しておきました。

ここで100球を使い切ったので50球だけ追加。まずドライバーを20球ほど。引っかけて球が左に出るミスがいくつかありましたが、体重移動(腰の移動)が遅れているからだと判断、バックスイングを心持ちゆっくりにすることで修正できました。その後5Wと7Wの練習。非力な筆者にとっては、ロングホールや距離の長いミドルホールで是非フェアウェイウッドを使いたいのですが、最近、球の頭を叩いてチョロってしまうミスが何回かありました。球を心持ち左に置いて、ヘッドアップに気をつけて、球の少し手前を叩くつもりで打つようにしました。最後に残った数球をドライバーで打って終了。たまにはきっちり練習した方が良さそうです(^^;)。

現在使っているSony Ericsson J300iは2年以上前に旅行先の香港で購入した物。携帯をどこかで落っことしたらしく、まぁ丁度良い機会かなと思って現地調達しました。表面の塗装が少々はげてきたことと、最近電池の持ちが少し悪くなったことを除けば、使用上特に問題はありません。しかし最近、ジャカルタでも3G、3.5Gのサービスエリアが広がってきて、周囲も徐々に移行しているようです。お客さんからも最近この手の問い合わせが増えており(携帯をパソコンにつないでメールチェックしたい、など)、仕事の面から言っても、そろそろ触らなきゃいけないかなと感じています。同様のことはWindows Vistaにも言えることなのですが(実はまだまともに触ったことがない ^^;)。

先日うちの社長がNokia N82を購入、電波の入りも以前に比べて良くなったらしく、お前も新しいの買えば?という話になりました。丁度良かった、ってことで調べ始めますが、機種が多くて選ぶのが面倒(笑)。社長と同じモデルを買ってしまうのが一番楽なのですが、それはそれで芸がないし。N95も結構良さそうだけど、N82の方が何となく使いやすそうな気もする。

とりあえずHSDPA対応が最低条件で、出来ればある程度使えるカメラ付きのものが良いなと思って(コンパクトカメラを手放してしまったので)、調べたところ、Sony EricssonのK850iという「電話機能付きデジカメ」みたいなのがあったり。ただこれは操作性がイマイチで使いにくいという評判。

メーカーにこだわるつもりは無いのだが、日本語表示や入力のことを考えると、Symbian S60を使ってるNokia端末が良さそう。 「+J FOR S60」っていう面白そうなソフトもありますし(あの管理工学研究所の製品ですか、今はこんなの作ってるんですね〜)、フリーソフトだけでも何とかなりそうです。そうなるとやっぱりN82かN95かぁ。ま、もうちょっと考えますか。

そろそろ寝なきゃいけないのですが、テレビを消そうと思ったら見慣れた顔が出ています。週刊ブックレビューという、その名の通り本のレビューをする番組なのですが、ゲストで向谷氏が出ていました。しばらく見てない間に少し老けたかな、とかいうのはさておき、なにやら鐵関連の本をいろいろ持ち出して熱く語ってますよ。

向谷氏にとって鉄道本とは「生き甲斐であり、食料、エネルギー」とのこと(笑)。それから京阪電車の発車の音楽は彼の作曲なのだとか。三国志IIの音楽とかは知ってたけど。

ちなみにあと2時間後に、彼がゲスト出演するBS鉄道ファン倶楽部も放送されるのですが・・・、さすがにもう寝ます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。