2008年8月アーカイブ

先日センチュリオン関連の記事(と見せかけて、UAセゾンのマイル加算上限についての記事 ^^;)を書きましたが、そういえばちょっと前に、うちにプラチナのインビテーションレターが届いていたことを思い出しました。正確には「Northwest/Citi WorldPerks Platinum VISA Card」のインビテーション。シティバンクとは10年近いお付き合いですが、シティバンクのクレジットカードは今まで一度も作ったことがありません。それでもいきなりプラチナにご招待されちゃうことがあるんですね〜。

今年の2〜3月頃に日本の実家に届いていたみたいで、6月に一時帰国した際に発見。キャンペーン期間が4月末までだったので、目もくれずにそのまま放置しておりました。年会費58,800円ですから、とりあえずキャンペーンでもなければ入る気にはなれませんし(苦笑)。ちなみにキャンペーンの内容は、

1. 入会後3ヶ月以内に30万円使うと、初年度年会費が無料。それ以下でも初年度年会費が半額。
2. 5000マイルプレゼント
3. ファーストフライトボーナスマイル(条件によって2000〜8000マイル)
4. 6/15までに50万円使うと3000ボーナスマイル。更に抽選で3名様に5万ボーナスマイル。

6月までに50万円以上使うのは余裕なので、このDMが実家に届いた段階で目を通していれば、申し込んでただろうなぁ。仮にキャンペーン対象で50万使ったとすると、初年度年会費無料(1)+5000マイル(2)+3000マイル(4)+5000マイル(100円1マイルの通常加算分)+運がよければ5万マイル(4)ってことか。最後のは置いといて、それでも13000マイルは確実だったわけだ。こりゃもったいないことしたなぁ・・・。あ、もちろん審査に通って、無事カードが発行されたらの話ですけどね。インビテーション送っておきながら審査で落とすってのもよく聞く話ですし(笑)。

ちなみに今回筆者のところに届いたのは黒の封筒で、発送元は千葉県のノースウエスト航空ワールドパークス・センターとなっていました。宛名の住所も漢字ではなくローマ字表記されていたので、確かにワールドパークスの登録情報を使っているようです。そうなると・・・どうして筆者のところに届いたのか、ますます不思議。何を隠そう、筆者は一度もNWに乗ったことが無いんですから(超爆)。今持ってる1万数千マイルは、日経ビジネスの購読者キャンペーンでもらったり、ガルーダに乗って(まだ提携していた時代に)稼いだもの。もしかしたら年齢か何かで絞り込んで、一斉に送っただけなのかな?

昨晩から気になっていたのですが、昼前にビバマカオから連絡が入りました。香港の気象状況が悪いため、今晩と明晩のジャカルタ発のフライトはキャンセルとのこと。あー、やっぱり。

日本で言う気象庁に当たる機関のサイトを見てみたら、現時点で「シグナル9」となってます。シグナル8以上が発令されると香港では会社や学校なども休みになるようです。

ビバマカオはキャンセル&リファンドに応じてくれるようです。香港のホテルも代理店を通じてキャンセル。直前のキャンセルなので本来はリファンドは不可能なのですが、香港のホテル代は高いので、何とか少しでも戻ってこないか交渉中です。会う約束だった友人、取引先にも連絡。いやー、まいった、まいった。

先週以来更新されていないのには理由がありまして・・・。先週から左手の関節に軽い痛みがあり、まぁ大丈夫かなと思って8/16(土)にチェンカレンでラウンドした後、見事に悪化。翌17(日)の早朝、痛みで目が覚めました。とにかく痛い。

最初は痛風かと思って焦ったのですが(苦笑)、ウェブで調べてみたら、どうやらこの症状は腱鞘炎みたいです。念のために病院に行って診てもらいましたが、やっぱり腱鞘炎。明日から香港行きなんだけど、まだ少し痛いんだよなあ。まあ右手があればメシは食えるから良いか。それより台風接近の方が心配だけど・・・。ビバマカオ、ちゃんと飛行機飛ぶんだろうな・・・。

NW、KLMなどが加盟するワールドパークスについては、ガルーダが提携解除になってから(以前はガルーダの国際線に乗るとワールドパークスのマイルが貯まった)ほとんどノーチェックだったのですが、久々に調べてみたらタイ・エアアジアが提携航空会社に追加されていました。バンコク発着の国内線が15000マイル、国際線が20000マイルで利用可能とのこと。

ジャカルタ〜バンコク便も20000マイルで利用できるみたいですが、元々エアアジアは格安航空会社なので、お金を払って乗っても2〜3万円程度。マイルの使い方としては、あまり効率的ではない(もったいない)ですね。スターアライアンスの場合も同じですが、効率を考えれば日本国内線で使うのがベストかも。ワールドパークスの場合はJAL国内線が15000マイルから交換可能ですが、今年10月から制度が変わるみたいで、少し使いにくくなります。まぁJALは今やワンワールドメンバーですから、縮小は仕方ないですかねぇ。

提携航空会社一覧を見ると、ジャカルタから使えそうなのは、エアアジア、マレーシア航空、中華航空あたりでしょうか。大韓航空もジャカルタ便がありますが、必要マイル数が他社に比べて多めに設定されているようです。

先ほど書いたこちらの記事に関連しまして、とりあえず調べてみましたところ、こちらのサンスポのサイトにたどりつきました。どうやら「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」「君に捧げるラブソング」「虹の舟唄」の4曲を歌ったとのこと。しかし全6曲を歌ったという記述があるので、あと2曲が非常に気になります。ただ、特段記述がないことから、筆者が聞きたいと思っていた初期の頃の曲としては「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」の2曲だけだったのでしょう。もし「手紙」「友よ」「私たちの望むものは」とか歌ってたら文中に絶対書くですからねぇ。まぁ「チューリップのアップリケ」が聞けるというだけでも涙ものですし・・・。是非この映像、手に入れなくては!!

それで最近思うこと。彼が30年以上前に歌っていた歌詞の内容と、今の状況って、実は何にも変わってないんじゃないかなぁと。

「ええ歳さらしてプロレスごっこの政治家先生」(ガイコツの唄)
「何人子供をつくるのかを 決めるのは給料で 二人じゃない」(性と文化の革命)
「やっとあんたの息子も大学にやれるね どんどん出世してもらわなくっちゃな」(それで自由になったのかい)

この状況、この価値観。もしかして30年経っても何も変わっていないのでは。その一方で、

「いいさ いいさ 山谷の立ちん坊 世間恨んで何になる」(山谷ブルース)
「金で買われた奴隷だけれど 心は俺の物」(くそくらえ節)

文句を言うだけでなくて、そんな状況の中でも自分の誇りを持て、と言っているわけです。彼の曲はプロテストソングとも言われますが、抵抗の中で決して無差別殺人などという解決策は出てきません。

筆者は基本的に調べ物がある時にはまず「Google」なのですが、最近ちょっと困っていることがあります。先ほどもその困っている現象に遭遇してしまったのですが・・・。

本日、NHKのBSに岡林信康が出演していたのです。筆者としては非常に重要なイベントです!こっちでは番組が見れませんので、どんな曲を歌ったのか調べたくてGoogleで検索しました。「岡林信康 NHK」で検索したら、今現在第4位に表示されているのがこのページオレが調べ物をしてるのに、オレのブログが上位にヒットしてどないする!(爆)

「筆者が最近ちょっと困っていること」とは、自分が調べようと思った内容に、自分のブログがヒットするというものでした(苦笑)。こないだも宇野重吉と滝沢修について調べたら自分のブログが出ちゃったしな。

インドネシアでは先月7/30(水)が祝日だったので、友人とパームヒルに行きました。この日はコースが超混んでいて、スタートが約30分遅れ、途中もかなり詰まっていて、ホールアウトまでに約6時間かかるという超スローペース。しかも風がほとんど無く暑い。混雑や天気のせいにしてはいけないのですが、それにしても普段より余計に体力を消耗する悪条件もあって、スコアも散々。その反省&リベンジの意味も込めて、今週末もう一度パームヒルでラウンドすることにしました。

ちなみに先週末(8/2〜3)は日本から来た友人とスラウェシ島に出かけていたのでゴルフは出来ず。詳細は筆者が書くより、彼のブログを見た方が分かりやすいと思います。ちなみに彼が今どこにいるかは、こちらのサイトを見れば分かります(なぜか旅行情報サイトとコラボしてるらしい、相変わらずよく分からん人です ^^;)。

というわけで約10日ぶりのゴルフとなったわけですが、今日はドライバーもアイアンも比較的好調。所々でミスショットはありましたが、その場合も無理にパーオンは狙わず、ボギーオンを心がけました。前回はグリーンの感覚が掴めずに3パットを連発したのですが、今回は前回の学習効果もあってか、グリーン周りからのアプローチ、そしてパットが好調。結果、42・42の84(29パット)という筆者にしては驚異的なスコアを出すことが出来ました。前回と同じコースを、同じようにインから回って、スコアが20以上違うんですが(爆)。

これまで筆者のベストスコアは昨年12月に三重県人会コンペで優勝したときにクダトンで出した88だったのですが、これを一気に4つ縮めることが出来ました。とはいえ、80台を出したのは2回だけ。半年に1回というのはさすがに寂しいので、もう少し頻繁に出せるようになりたいと思います。

8年くらい前の薄型ノートPCですが、今でも日本への一時帰国などの際に利用しています。メールチェックとウェブブラウジングだけなら、とりあえずこれで事足りるので。そうは言っても、格安ミニノートも欲しいなぁと思っている今日この頃・・・。

最初に付属していたバッテリは既に完全に死んでおり、3年くらい前にロングライフバッテリを買いました。これも最近、少々弱ってきているみたいですが、それでも2時間以上持つので、とりあえずはOKかなと。当初10GBだったHDDも3年くらい前に80GBに載せ替えました。

元々はWindows98がプリインストールされていたのですが、それに半ば無理矢理WindowsXPを突っ込んで使っていました。最近重くなってきたので、フォーマットして再セットアップすることにしたのですが、メモリ上限192MBのマシンにXPはやっぱり辛そうだってことで、この機会にWindows2000にダウングレードすることに。

まずHDDをDynabookから取り出します。HDDはパームレストの下に入っているのですが、裏面のねじを6本位外すとパームレストが取り外せます。その下からHDDを取り出し、別のマシンにUSBケーブルで接続。Windows98の起動フロッピーディスクから認識できるようにFAT32でフォーマット。FAT32は、1パーティションが32GBという上限があるので、とりあえず80GBのHDDに15GBの領域を2つ作ります。1つめの領域がWindows2000をインストールするシステム領域になります。2つめの領域にはWindows2000のCDROMの内容をコピーしておきます。ちなみにこの段階では、残り50GBは空き領域のまま放置。後ほどWindows2000のセットアップが完了したら、2つめの領域を削除し、残りの領域と会わせて65GBのNTFSパーティションを作ろうという考えです。

再びDynabookに戻して、USB接続のFDDにWindows98の起動ディスクを入れて起動・・・、するが起動しません。調べてみるとBIOSでUSB FDDが無効に設定されていましたこちらのサイトが参考になりました、感謝!)。設定を変更すると難なくフロッピーから起動しました。先ほどコピーしたWindows2000のファイルの中の\i386\winnt.exeを実行すればセットアップに必要なファイルのコピーが始まります。ここでsmartdrvが実行されていないとファイルコピーの速度が非常に遅くなるので、事前にコマンドラインでsmartdrvを実行しておいた方が良いでしょう。

ファイルのコピーが終わったところで再起動。ところが「Insert system disk in drive」と出てHDDから起動してきません。これはパーティションがアクティブになってないからだなーと直感、再度USB FDDから起動してFDISKを実行、先頭のパーティションをアクティブ化。FDDを外して再起動するとWindows2000のセットアップが起動したのでした。めでたしめでたし。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。