2008年10月アーカイブ

筆者はメールソフトとしてBecky!を使用しています。使い続けている一番の理由は、使い慣れていて変えたくないという主観的なところなのですが(笑)、強いて言えば、これまで一度もクラッシュしたことがないという安心感でしょうかね。会社ではExchangeサーバを利用している関係もあってOutlookを使わざるを得ないのですが、OutlookやOutlook Expressは、放っておくと巨大なファイルを作ってしまい、これが突然クラッシュ、みたいな話も良く聞きますので(これで困っているお客さんのサポートが結構多い ^^;)、信頼性という点で少々疑問を抱かざるを得ません。

その他にも、プラグインを利用できるとか、動作が比較的軽いとか、リモートメール機能が便利だとか、いくつか理由はあります。さらに付け加えるなら、メジャーなメールソフトを使っていると、その脆弱性を狙われる可能性が高い気がして、敢えてメジャーどころを避けておくのも良いかなと思ったり。そんなこんなで、プライベートではもう10年くらいBecky!を使っています。

思い起こせば、EPSON98+Windows3.1の時代にはAl-Mailを使用していました。Windows95に移行した後も、しばらくはAl-Mailを使っていたのですが、確か当時32bit対応バージョンのリリースが無かった(かなり遅れた)ような記憶があります。まぁ実用上ほとんど問題ないんですが、せっかくなんで32bit対応しているメールソフトで何か良いのはないかな〜と探していたところ、周囲にユーザーが多かったのがBecky!だったのです(周囲の人々に偏りがあった可能性は否めないが -_-;)

さてさてその一方、こちらも数年使い続けている使い慣れたウィルス対策ソフトであるウイルスバスターが、昨年の2008年版からBecky!に対応しなくなっています(Outoook、Outlook Express、Windows Mail、Thunderbirdのみ対応)。わずかな望みを抱いて、2009年版のリリースを待っていましたが、こちらも対応状況は昨年と同じっぽい。つまり受信メールのスキャンや、迷惑メールの振り分けといった機能がBecky!でが利用できないのです。今のところ、対応している旧バージョンの2007年版を使い続けているのですが、2007年版もそのうちサポート切れとなるでしょうから・・・。

Becky!でも(あるいはメールソフトに依存せずに)メールスキャン機能や迷惑メール振り分け機能を利用できるウィルス対策ソフトって無いのかなぁ、と思って調べてみました。とりあえずメジャーどころから調べたのですが、

シマンテック・ノートンインターネットセキュリティ2009
マカフィー・インターネットセキュリティ2009
ESET・スマートセキュリティ

これらはすべて、メールのスキャンはメールソフトに依存しないけれども、迷惑メール振り分けは(ツールバーを追加する形を取るので)メールソフトに依存する、ということみたいです。メーラーに依存しない迷惑メール振り分けって、そんなに難しいことなのかなぁ?どうやら筆者の希望をかなえるのは現時点では難しいみたいなので、Becky!のプラグインを使うことを検討してみることにします(「深海魚フィルター」「BkASPil」などいくつかあるみたい)。Gmailを経由して、そっちにフィルタリングを任せる方法もあるみたいですが、それはそれでちょっと面倒な気もするので。

筆者はそうでもないのですが、日本人にはマラソン好きな方も多いようなので告知を。バリ島で今年からマラソン大会が行われるとのことです。日本から参加される場合はツアーも用意されているようです。現地情報誌の営業の方から先ほど聞きました。

今年が第1回大会となっていますが、実は爆弾テロがあった2002年の前までは、毎年このようなマラソン大会が行われていたようです。しかしテロの影響で中止となり、その後そのままになっていたとのこと。新たに開催する、というよりは、復活した、という感じかもしれません。

ホノルルマラソンとは規模が違いますが、これを機会にバリに来てもらえれば嬉しいかなと。今年は11月9日開催ということで、もう日がないので今から準備するのは無理かもしれませんが、来年以降も継続して開催されると思いますので、興味のある方は注目していてくださいね。

SSDに興味をひかれたついでに、最近のミニノート(NetBookとか呼ぶんだって?)についても調べてみました。前に書いた時から4ヶ月しか経ってませんが、選択肢はかなり増えていますね。

筆者が一番注目したのはDELLのInspiron mini 9。16GBのSSDを採用したモデルが筆者の要求にピッタリ!ところが残念なことにキーボードがイマイチ。ファンクションキーを省いたのは個人的には許せますが、それにしても無理ありまくりのキー配列なのです。そしてキーボードが英語配列になっているHPの2133と同様に、エンターキーが小さい!キー配列だけなら我慢しようかとも思ったのですが、エンターキーの大きさだけは譲れませんね・・・。

東芝やNECなど、メジャーどころからもミニノート製品が出てきていますし、SSDを今後採用するところも増えそうな気もします。しばらくは様子見かなぁ。

ちょっと前にミニノートについて書きましたが、その際に筆者が挙げたポイントは以下の通り。

> ・横の解像度が1024ピクセル以上
> ・キーボードが日本語配列
> ・WindowsXP Home
> ・20GB程度で良いのでHDDではなくSSD

前回書き込みをした時は、SSDと言えばASUS Eee PCの専売特許みたいになっていて、しかもEee PCのSSDは容量が少なすぎて(確か12GB)少々厳しいかなぁとも思っていました。

ところが半導体の値段って本当に下落が激しいようで、現在32GBのSSDが14000円位で買えてしまうようです。こうなると、とりあえずHDDモデルのミニノートを買っておいて、SSDの値下がりを見ながら、どこかのタイミングで交換なんてことも出来そうかな・・・、などとイケナイことを考えてしまいました(爆)。

まぁこの調子で価格が下がっていけば、Eee PC以外にも標準でSSDを採用するミニノートがもっと増えそうですけどね。メインマシンじゃないんだし、32GBもあれば間違いなく十分だもんなぁ。

旅行の際に使ったクレジットカードの請求額がそろそろ確定したかな、と思ってウェブで確認してみました。今回使ったのは以下3枚のカード。

・UAセゾンVISA
・オリコマスター(ブリヂストン・カーライフ・サポートカード)
・JCBプロパーゴールド(会社の福利厚生制度としてタダで持てる)

見比べてみると今回はJCBの換算値が一番良かったですね。ただ、丁度円高が進み始めた時期でもあったので、換算日が1日違うだけで結構レートが変動する可能性もあり、何とも言えませんが(JCBとVISA/Masterでは同じ日に使っても換算日がずれる場合がある)。あと感じたのは、イギリスでJCBの加盟店が結構増えていたということ。鉄道の駅でもOK、ホテル(といってもB&B)でもOK、パブや酒屋でも結構使えました。

そんなJCBですが、ウェブサイトに「新システムへの移行に伴うサービス変更・一時休止のご案内」という見出しを見つけました。今月末から来月頭にかけて、一部サービスが停止されるようです。ショッピングは通常どおり利用できるとのことですが、キャッシングや新規カード発行などが停止されるようです。JCBをメインで使っている方は念のために確認しておいた方が良いと思います。

それにしても「システム移行」という言葉を聞くと何故か胸騒ぎがしてしまうのは私だけでしょうか(爆)。職業病かな、これは・・・。

11/22〜24の三連休を挟んで日本に一時帰国することにしました。かみさんは今月下旬、一足先に日本へ。帰りは筆者と一緒に戻ってくる予定。さて今回はどのキャリアにしようかなと調べてみました。CGK→NRTの場合は直行便があるJLかGAが便利なのですが(GAは行きは直行、帰りはDPS経由)、KIXやNGO行きの場合、必ずどこかを経由しなくてはなりません。筆者がよく使うのはSQ(SIN経由)かCX(HKG経由)です。ちなみにSQの場合SINからの便が夜行になるのですが、時間を有効に使えるという面もあるので、嫌いではありません。

今回はどうしようかなと思っていたところ、かみさんが「時間があればストップオーバーしたい」とか言い出しました。何とか時間は取れそうなので、帰りに1日、どこかでウロウロしても良いかなと。ストップオーバーする都市ということを考えるとジャカルタから近いSINは却下。それにマーライオンを見ても仕方ないし(^^;)。じゃあCXでHKG経由にすればいいかというと、夜行便ではないので日本での活動可能時間が少し短くなってしまうのが痛い。

他に魅力的な経由地がないかな〜と調べてみますと、MH(KUL経由)、KE(ICN経由)、TG(BKK経由)あたりが思い浮かびました。しかしKEはKIX、NRTへの接続は問題ないものの、NGOへの接続がイマイチ。TGも接続がイマイチ、かつ11月にバンコク出張が決まっているので1ヶ月に2度は行きたくない・・・。KULはSINと同じく、ジャカルタから近いので却下。ということで結局無難にCXでHKGにストップオーバーすることになりました。

キャセイのマイルをどこに付けるかというのは結構悩ましい問題なのですが、丁度アジアマイルがキャンペーン(要エントリ)をやっているみたいです。筆者は既に会員なので1500マイル、かみさんは新規入会なので2500マイルをボーナスとしてもらえそうな感じです。

これまでiriver(アイリバー)の「HP-i120」を4年以上使っていました。筆者が初めて購入した携帯型音楽プレーヤー(NHK的表現)でしたが、概ね満足して使い続けることができました。しかし4年経つと、さすがに型落ちの感は否めません。感じたことをいくつか。

<良い点>
・20GBの容量
→当時はもちろん、現在でも比較的贅沢な容量。しかし今でも半分程度しか埋まっていない。USBフラッシュメモリのように写真やメールのバックアップを保存したり、データの受け渡し用途にも使用可能。当時USBメモリはまだ高価だったので結構重宝した。

・専用ソフトを必要としない
→パソコンに接続すると外部ストレージとして認識。あとはそこにMP3ファイルをコピーすれば良いだけ。

・液晶表示付きリモコン
→操作性もまぁまぁ。当然日本語表示にも対応。

・FMラジオ付き
→ほとんど使わなかったけど。

・録音機能付き
→英会話のレッスンを録音したりも出来ます。これもほとんど使わなかった。

・標準的なUSBコネクタで接続可能
→デジカメもそうですが、特殊なコネクタにされると困ることがあります。

<不満な点>
・大きくて重い
→HDD内臓なので仕方ないが。その代わりに前述のリモコンで操作性を確保していた。

・電池の持ちが少し悪くなってきた
→4年経てばしょうがない。HDDはメモリに比べて電気を食うという面もあろうかと。

・USBからの充電が出来ない
→充電器を使ったACからの充電しか出来ない。付属の充電器が100〜240V対応してたのには好感が持てる。

・ヘッドフォンコネクタが特殊な形状
→変換プラグが付属しているが、アンプに接続したり、純正以外のイヤホンを使うときに少々不便。

・一度故障した
→サポートセンターの対応も迅速で良かったので、むしろ満足ではある。

上記をふまえ、買い替え候補に求めるのは以下の仕様。

・媒体はHDDではなくフラッシュメモリ、容量は4〜8GB程度。
・専用のケーブルや転送用ソフトを必要としない。
・USBから充電できる。

液晶画面の有無(動画再生の可否)はコストと大きさを見極めて別途検討ですね。あればあったで便利そうだし、見栄えも良さそう。探してみたらこれとかこれとか、結局アイリバーの製品が目に付きますね。

ちなみに「なぜiPodじゃないの?」という質問も受けますが、そういう質問をするのは女性か、または筆者と付き合いの短い人(笑)ですねー。AMDをこよなく愛する(その昔はEPSON98をこよなく愛した)筆者ですので、iPodは選択肢から除外してます、はい。

【532】忘れ物

| コメント(2)

大学で2単位の忘れ物をしたという前科(爆)のある筆者ですので「まぁそんなもんでしょ」と言われそうではありますが、今回のバリ〜ヨーロッパ旅行では重なりすぎ。結構いろんなものを忘れて(紛失して)しまいました。

・MP3プレーヤー
後述する予定ですが湖水地方からロンドンへ移動した際にドタバタがありまして、どうやら2004年以来愛用していたMP3プレーヤーをどこかに置き忘れた模様。おそらく乗り換えの時に社内に置き忘れたんだと思います。当初予定では終点のロンドン・ユーストン駅まで乗り換える予定は無かったので、缶ビールを飲んで酔っ払って寛ぎまくっていましたので・・・。ちなみに失くす直前はPolice、Deep Purple、とご当地ソングを聞きながらご機嫌でした(笑)。言うまでもなく小椋佳のほぼ全てのアルバムも入っていましたが、ここはイギリスってことで、ね。

・イミグレのカード
日本では結構前に廃止されていますが、インドネシアでは出国時にカードに名前やパスポート番号などを記入する必要があります。出国時に右の部分が切り離されて、帰国時に残った左の部分が回収されるという仕組み。このカードはパスポートに挟んで持っていなければならないのですが、うっかり他の書類と一緒に預け荷物の中に入れてしまいました。

まぁ何とかなるだろう、と高を括って入国時にイミグレでそのことを(インドネシア語で)告げると「荷物を受け取ってから戻って来い、それまでパスポートは預かる」とのことで、とりあえずイミグレを抜けてターンテーブルのところまでたどり着くことができました。荷物が出てきて、そこからカードを取り出し、元の窓口に戻ります。イミグレのおじさんには「このカードはパスポートに必ず挟んでおきなさい」と怒られちゃいましたが(おっしゃるとおり ^^;)入国手続きは無事完了。良かった、良かった。

・水着
これはヨーロッパから戻った後で気づいたことですが、バリから帰ってくる時にホテルに水着を忘れてきたっぽいです。挙式前日に友人たちとプールで泳いで、その後タオルかけに干したところまでは記憶にあるのですが。どうやらそのままホテルに置き去りにしてきたみたいです。問い合わせるほどのものでもないのですが、とりあえずホテルに聞いてみようかなと思っています(バリからなら安い費用で配送できるので)

これだけ忘れ物が重なった理由を考えたのですが・・・、たぶん、女性と二人で旅行なんていう慣れないことをして、いろんな部分で普段とペースがズレていたのではないかと思います。今回は大問題には発展しませんでしたが以後気をつけるようにしなくては。

まぁ前々から知っていたことではあるのですが、今回の旅行で改めて実感しました。筆者の経験上、地中海沿岸を除くヨーロッパ地域のイタリア料理は結構当たり外れがあり、とりわけイギリスでイタリアンを食することは極めてギャンブル性が高いと考えています。そんなわけで、これまでの旅行であれば決して入らなかったであろうイタリアンレストラン。今回はかみさんの希望もあって4回も入ってしまいました。

・ウィンダミアのレストラン→判定△
メインの通りから少し中に入ったお店でカルボナーラを食べました。パスタの麺自体は美味しく、茹で加減も良かったのですが、味がちょっと薄味。かみさんは塩とコショウをかけて食べていました。確かに塩コショウをかけたら丁度良くなりましたので(笑)、まぁイギリスのレストランとしては及第点をあげて良いとは思いますが、日本人的には△ですね。

ちなみに近くの人(しゃべっていた言葉からイギリス人と思われる)がパスタをナイフでざくざく切ってから食べるのを見たかみさんが驚いていました。

蛇足ですが、メイン通りにあったレストラン(白い建物で、ホテルとパブとレストランが一緒になっている)で食べたヨークシャープディングは美味しかったのでお勧めです。ただし量が多いので、ビールなどを飲む場合は2人で1人前が丁度良いでしょう。

・パディントンのレストラン→判定△
元々そのすぐ近くのパブでビールを飲みながらシェパードパイを食べたのですが、味がいまいちだったので、2杯目のおかわりをせずに店を移動してきました。ある程度食べた後だったので、ピザを頼んでつまみながらワインを飲むことに。例によってピザは薄味でしたが、幸い味の濃い具(アンチョビ)を頼んでいたため丁度良い感じに。もしチーズだけのマルガリータとか頼んでいたら、また塩コショウの世話になっていたような気がしますねぇ。アンチョビのピザに限って言えば○をつけても良いかなと思いますが、やっぱり味が薄かったのと、隣で他の人が食べていたパスタに少々危険な雰囲気が漂っていたため、ここは△。

・ブリュッセルのホテルの傍のカフェ→△
世界三大がっかりのひとつである小便小僧に向かう途中で立ち寄ったお店。カルボナーラを頼みましたが、麺が柔らかくて薄味。量はたっぷり、そして削ったチーズの山と一緒に出てきたのは良かったのですが、肝心の味が今ひとつでした。麺も柔らかすぎ。かみさんは例によってコショウをかけて食べていました。

ちなみに一緒に頼んだツナサラダ+パンはマヨネーズも添えられていて、量もたっぷり、美味しかったです。ただし店員のおねーさん、周囲のお客さん、そしてメニュー表記のすべてがフランス語オンリーだったのは少々辛かったです(苦笑)。かみさんは学生時代フランス語を取っていたとのことだったのですが、あまり戦力にはならず・・・。

・スキポール空港→×
最終日、天気が悪かったので(小雨で気温も低かった)早めにアムステルダム市内観光を切り上げ、中央駅から電車でスキポール空港に向かいました(ちなみに大人片道4.30ユーロ、15分で到着しました)。チェックイン、イミグレを済ませた後、中2階のような場所にあったレストランで食事。ソフト麺みたいなパスタで、さすがにこれで18ユーロは無いでしょう・・・という感じでした。まぁ空港内ですからある程度は仕方ないですが。隣のマクドナルド(当初そっちにしようと話していた)にしておいたほうが良かったかも。

なおフォローしますと、ダメだったのはパスタだけで、一緒に頼んだビーフのカルパッチョとハーフボトルの白ワインは結構美味しかったです。

というわけで筆者のこれまでの経験則は間違っていなかったと、今回改めて実感いたしました。ヨーロッパ方面に行く機会が多い方々は、どう思われます??

本日ジャカルタに戻ってきました。来週月曜日から通常勤務開始ですが、それまでは暫しの休息。

旅行中のことをいくつか書きたいと思うのですが、まず最初は「世界三大がっかり」の話題から。今回の旅行で筆者は全制覇いたしました!!今回新たに行ってきたのはブリュッセルの小便小僧。確かに小さかったです・・・。ただ事前に覚悟して行ったので衝撃は少なかったですけど。

ちなみにこの三大がっかりには若干の揺らぎがあり、いろんなウェブサイトで見てみますと「マーライオン」「人魚姫」「オペラハウス」「小便小僧」の中から3つ選ばれていることが多いようです。そしてマーライオンは必ず含まれる模様(笑)。ちなみに4ヶ所を訪れた筆者が独断と偏見で選ぶがっかりランキングをつけるならば、

1. マーライオン@シンガポール 10ガッカリー
2. 人魚姫@コペンハーゲン 7ガッカリー
3. 小便小僧@ブリュッセル 3ガッカリー
4. オペラハウス@シドニー 1ガッカリー

順位付けのついでにスコアリングもしてみました(爆)。マーライオンが最大がっかり、オペラハウスはまだ許せるかな、といった感じです。ただしマーライオンは昔からある小さいやつですよ。最近でっかいやつが新たに作られているので、オリジナルの衝撃を知らない方々もいるかと思いますが、オリジナルは信じられないほど貧相です。筆者は初めて訪れたとき、気づかずにその前を通り過ぎたくらいですから・・・。

それよりびっくりしたのは、小便小僧のすぐ隣にあったチョコレート屋さん。中国語のポップが大量に張られていて、明らかに中国人向け。周りにはツアー客とおぼしき中国人が多数。さすがに銀聯カードのステッカーまでは見つけることができませんでしたが(笑)、ここでも中国観光客のパワーは健在。すごいなぁ。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。