2009年6月アーカイブ

6/30(火)朝の飛行機でジャカルタに戻るので、日本最後の夜は月曜日でした。月曜の夜といえばTBS系列午後8時のナショナル劇場、だったはずなのですが、今ではパナソニック ドラマシアターなんだそうな。ナショナルという名前も使われず、しかも時代劇でもないんですね。なんか賀集利樹が出てる刑事ものをやってました・・・。なんとなく寂しい感じ。

9時からも何かいろいろドラマをやってたけど、どれもそんなに面白くなさそうな感じで。まぁ元々筆者はドラマとか見ないので関係ないのですが。メールチェックしながら何となく画面だけつけてあったのですが、そのドラマのエンディングのところで聞いたことのある旋律が聞こえてきます。「くたばっちまえ!アーメン!」とか言ってる。これってシュガーの「ウェディング・ベル」だ!

「これってさ、おねーちゃん3人組が歌ってた、ウェディングベルじゃないか!?」と言ったら、かみさん曰く「ふうん。これPuffyが歌ってるよ」とのこと。最近の懐メロカバーブームは、ここまで来ましたか・・・。日本に帰ると、毎回いろいろと驚くことがありますが、それにしても公共の電波で「ウェディング・ベル」が聞けるとは思いませんでした。普通は結婚のことを歌うと、大塚博堂「ダスティンホフマンになれなかったよ」とか伊勢正三の「22才の別れ」みたいな曲調になってしまうところですが、この曲は全く逆ですからねぇ。

後から調べて分かったことですが、この「ウェディング・ベル」の作詞作曲をした古田嘉昭氏、アニメソングも作ってるみたいで、パーマンのエンディング「パーマンはそこにいる」は作曲して自ら歌っているのだとか。スがスーっと消えてパーマンさ〜♪

何ということもなくテレビを見ていたら、CBCで大岡越前の再放送をやっていました。今回は加藤剛が奉行と浪人の二役を演じるという、まぁ時代劇にありがちなパターンで(笑)。

浪人が悪徳商人の屋敷に忍び込み、銃で反撃されて怪我をして、うずくまってしまうシーンがありました。「こりゃ絶対、小石川養生所の誰かが通りかかるよな」と思ってたら、まさに榊原伊織が通りかかって、予想通りの展開に(爆)。ここまでのマンネリは逆に心地よいですね。再放送なので竹脇無我が妙に若かったのも印象的。

山口崇の吉宗も見たかったのですが、さすがに出てきませんでした。でも大坂志郎を久々に見れたのは収穫。高橋元太郎も妙に若くて。ジャカルタのCATVにも時代劇チャンネルとか作ってくれないかなー。

現在香港から名古屋へ向かう飛行機(CX)の中です(ブログにアップするのは今夜遅くになると思いますが)。ジャカルタから香港までは(B777)結構混んでいたのですが、この便(A330)は空席が目立ちます。名古屋便はやっぱり厳しいのかなぁ。MHは廃止になっちゃったし、SQはデイリーじゃなくなっちゃいましたし・・・。

今回、香港でのトランジットの際に是非やっておきたいことがありました。それは「500香港ドルをくずす」ということ(笑)。3月に香港〜マカオに行ったときに500ドル紙幣を持ち帰ったのですが、これでは大きすぎて使いづらいので、くずしたいなぁと思っていました。ゲート近くのレストランを覗くと缶ビールが43HKDで売ってたので、、カールスバーグ、ハイネケン、青島など各種ある中からキリン一番絞りを選びました。そしてお釣りとして457HKDをゲット!!目標達成です!!

現在沖縄付近を北東に向かって飛行中。JSTは19:30ですが全然明るいですね。一番左の窓際(A席)に座っていますが、まだ夕焼けというわけでもなく。そういえば、いつだったか沖縄近辺で皆既日食が見られるんですよね?ふと考えたのですが、丁度そのタイミングで通りかかった飛行機からは日食が見れるんでしょうか?雲の上から見る日食なんて、素敵そうですよね〜。

今夜のSQか、明日朝のCXで日本に帰ります。理由は・・・、まぁ分かる人は分かりますよね。
来週30日あたりまでは岐阜or三重近辺でうろうろしております。

4月にこんなエントリを書きました。それ以降、下降するだろうと思ったスコアですが、今なお踏みとどまっております!というか更に良くなってます!34ラウンドを終えたところで、

平均 97.4(35.1パット) →96.5(34.2パット)
最近10回平均 94.9(33.9パット) →94.8(32.9パット)

自分で言うのも何ですが、上出来ではないかと(自画自賛)。平均パット数が0.9下がったので、平均ストロークも同じく0.9下がったということです。でもパットが良くなったという自覚はあまり無いんですけどね・・・。ではアプローチが良くなったかと言えば、別にそんなに変わらないと思いますし・・・。

逆に言えば、ショットは変わってない(むしろ悪くなってる!)ということでもあるので、今後はショットの安定性にも気を配らないといけないかなと思っています。

最近、複数のお客さんからのクレーム&障害が重なってバタバタしていました。こういうのって何故か重なるんですよね・・・。昨日、社長と一緒に客先を訪問して、さぁこれでやっと一段落、と思っていたら別のお客さんから電話が。メールサーバのパフォーマンスが落ちているとのこと。調べてもらうとHDD故障っぽい。

金曜日の夕方4時に発覚とはタイミングが悪い。スタッフもほとんど残ってないし。残っているスタッフに指示してHDDを探させますが、5年前のモデルなので複数のベンダーを当たるも在庫は無し。とりあえず土日のうちに何とかせねば、ということで休日出勤と相成りました。現在オフィスから書き込み中・・・。

お客さんのところからサーバと代替機(PCだけど幾分ハイスペックな物)をうちのオフィスまで持ち込んでくれるということで、現在その到着を待ってます。いや、まいったまいった。

Pentax K100D Superを愛用している筆者ですが、先週末出かけた際に、どこかにぶつけたらしく、液晶モニタ部分にヒビが入ってしまいました。正確には液晶の上にかぶさっているプラスチック部分にヒビが入っただけで、写真撮影自体には影響無さそうなのですが、撮った写真を液晶モニタで確認する際、さすがに気になります。修理に出したいのですが、インドネシアでは難しそう。次回の一時帰国の時に持ち帰って修理を考えます。そういえばヨドバシのアフターサービスポイントが少し貯まってるので、これが修理代に使えれば嬉しいなとも思ったり。

そんなことを考えているうちに、ふと思い出しました。確かPentaxから新しいカメラが発表されるとかいう噂があったなぁと。調べてみると先月末にPentax K-7が発表されていました。価格帯としてはK10D、K20Dと同じくらいですが、随所に見直し点があるようです。こちらのレビュー(前編後編)が大変参考になりました。

・ペンタプリズムで視野率100%、倍率0.92。
視野率100%に対応したのは大きいです。それと引き替えに倍率が小さめになっているのは仕方ないですか。

・水準器搭載。
→これ!欲しかったんですよね。風景写真が好きな筆者としては、水平出しがかなり重要なのですが、ネガの時代は悲しい思いをしたこともあり・・・(^^;)。デジタルになって後から補正が出来るようにはなりましたが、やはりばっちり水平に撮りたいもの。100%視野率+水準器は鬼に金棒!

・1/8000秒高速シャッター対応。秒間5.2コマ撮影。
→これも是非試してみたいですね〜。

・ライブビュー対応
→ちょっと気になったのは、ライブビュー時はシャッター半押しではなく、シャッターとは別のボタン(AFボタン)でピント合わせを行うという点。シャッター半押しを使わせることって技術的にそんなに難しいんですかね?ライブビューの使い方として、一眼レフに慣れていない人に(通常のデジカメによるライブビュー撮影に慣れている人に)カメラを渡して撮ってもらう時に便利だろうなぁと思っていたのですが、この方式では余計にややこしくなってしまいますね。なおAFは位相差検出とコントラスト検出(+顔検出もあり)の両方に対応しているとのこと。

・AF高速化
→ペンタックスに乗り換えて一番(というか唯一)気になっているのはAFが遅いということ。K100D Superで安い望遠ズームなんか使うとフォーカスが迷いまくります(苦笑)。同価格帯のCanonやNikonのカメラは、もっとサクッとピントが合うのに・・・。K-7はLEDによる補助光を搭載し、更に測距センサーで光源の種類まで識別するとのこと(厳密には光の波長によってAFにズレが生じますからね)。どの程度改善されているのか気になるところです。

・K20Dより若干小型、若干軽量。
→130.5×96.5×72.5mm、バッテリ込みで750g。K20Dと比べて幅が1センチ狭く、重さが50g軽くなってます。ちなみにK100D Superが130.5×96.5×72.5mm、単三電池×4本込みで665g。K-7はペンタプリズムなので重さは仕方ないとして、サイズ的にはかなり近いですね。

というわけで、買っちゃいそうな勢いなのですが、そうは言っても値段が高いし、現状K100D Superで何ら不満は感じないわけで・・・。ただK100D Superの軽快さと、筆者が最も気に入っているレンズであるシグマの17-70mm F2.8-4.5との組み合わせは若干不釣り合いだった感も否めません。K-7でこのレンズを使って風景写真を撮ってみたい!という欲求はかなり大きいですねぇ。幸か不幸か、予約殺到でしばらく手に入りにくい状態が続きそうですので、しばらく様子を見ることにします。特にAFがどの程度改善されているかは是非とも確認したいです。

まぁ仮に将来K-7に手を出したとしても、K100D Superは手放しませんけどね。単三電池で動く安心感と、ボディーの軽さはすごいと思うので、安いズームレンズか単焦点のパンケーキレンズでも付けて、気軽に使っていきたいと思います。

5月30日付けの日経PLUS1(本誌と別についてくるやつ)に、四万温泉の記事が載っていました。群馬ですが、新潟と長野の県境に近い山深いところで、なかなか雰囲気があるんですよね。長い間、一度行ってみたいと思い続けていて、何年前だったか、一時帰国した時に無理矢理日程合わせて行ったんだよなぁ、とか記事を読みながら思い出していました。

自分のブログを検索したら、エントリ書いてましたわ。2005年の初秋。もう4年近く前か〜。あの頃は若かったな(笑)。うーむ。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。