2011年5月アーカイブ

いろいろ理由あって(笑)我が家ではSilverCross社のベビーカー(Fizzの2009年モデル)を使っています。デザインは良いし、軽いし、使い勝手は良かったのですが、タイヤから時々キーキーと音がしたり、やっぱり日本製とは一味違う(爆)と思い知らされることもありました。

そして先日、ベルトを固定するバックルの部分が壊れてしまいました。プラスチック製なのですが、疲労して割れたという感じ。毎日着け外しする部分なので、確かに壊れやすい部分だろうとは思いますが、もっと丈夫に作っておいてほしいですよね・・・。これを修理するにはどうしたらよいのか・・・。とりあえずイギリスの公式サイトから各国の正規代理店を調べてみたところ、インドネシアは PT. Multitrend Indo とのこと。電話して聞いてみたら Mother Care という店舗名で展開しており、プラザインドネシア内の店舗で修理を受け付けているとのこと。

というわけで早速店舗に行ってみました。担当者はとても丁寧に応対してくださったのですが、結論としてはインドネシア国内で販売された製品しか修理対応できないとのこと。うーん、ありがちなパターン。じゃあ日本に持ち帰って修理するしかないのか。それまでベビーカーが使えないじゃないか!とりあえず応急処置をして(紐でくくりつけて固定して)使っていますが早いところ何とかしないといけないですね。

もう一つ気がかりなのは、日本で買ったのは間違いないのですが、通信販売で結構安く買ったので並行輸入品と思われます(爆)。そうなると日本でも修理できない可能性が!ちなみに日本の代理店は日本育児ですが「並行輸入品には対応できない場合がある」とのこと。ベルトに縫い付けられている警告表示は日本語なんですが、付属していたマニュアルは英語だったような記憶もあるし、どうなんだろうなぁ。

よし、こうなったら意地でも部品を手に入れてやる!ってことで、まずイギリスのSilverCrossの公式サイト内を探したところ、スペアパーツの問い合わせに関するページを発見。もしかしたらここから通販で購入できるかな、と思ったら、イギリス国内の顧客向けでした。

スペアパーツ探しのサイトなんてのもありましたが、パーツ入手の手掛かりは得られません。その代わりに、同じバックル部分が壊れて困ってる人がたくさんいるということが判明(超爆)。アマゾンのレビューにも同様の故障が報告されてるし、こりゃ修理するより新しいの買った方が良いかもしれないですね。今度買うなら外車じゃなくて国産車かなぁ・・・。

インドネシアでPCを購入すると、英語101/102キーボードが付属してきます。ここに日本語OSをインストールすると、OS側が日本語106/109キーボードだと勝手に認識してしまって、記号等の配列が変になってしまいます以前、WindowsXPで同様の現象が起こった場合の対処法を書きました

今回はWindows7で同様の現象に遭遇したので、同じ方法をやってみようとしたのですが、レジストリの内容が少し違っているようです。そこで改めて対処方法を調べてみたところ「へーいちのぶろぐ」がヒットしました。へーいちさんには、数年前、DELLの格安サーバのドライバ導入の際にもお世話になりました。いつも役立つ情報を発信いただき、ありがとうございます!

変更するレジストリの場所は以前と同じ、

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥i8042prt¥Parameters

です。WindowsXPの時は、

1. [LayerDriver JPN] の値を [kbd106.dll] から [kbd101.dll] に変更

するだけでしたが、Windows7では更に2か所変更する必要があります。

2. [OverrideKeyboardIdentifier] の値を [PCAT_106KEY] から [PCAT_101KEY] に変更

3. [OverrideKeyboardSubtype] の値を [2] から [0] に変更

以上3か所を変更した後、再起動すればOKです。

ちなみに筆者は日本語106/109キーボードが好きなので、会社のデスクトップも日本からキーボードを買ってきて、交換して使っています。やっぱりEnterキーが大きくないと打ちにくいです。あとはスペースキーの左隣の「無変換」キーもよく使いますね(平仮名→カタカナ→半角カタカナの切り替え)。

アコー・アドバンテージ・プラスの契約を更新しなかった代わりに、何か良いプログラムは無いかと物色していたところ、マンダリン・オリエンタルとシャングリラのプログラムに目が留まりました。どちらもインドネシア国内のみのプログラムなので、アドバンテージ・プラスのようにアジア各国のホテルで利用することはできないのが残念ですが。

<マンダリン・オリエンタル Benefit MO Card>
・Superior Room 週末宿泊×2回無料(朝食別)

・宿泊時に特別料金適用

・500,000ルピア分の食事券
・アフタヌーンティー無料券(2名まで)
・日曜のランチ割引券(50%オフ、6名まで)×2枚
・ワインボトル無料券

<シャングリラ Platinum Club>
・Exective Room 週末宿泊×1回無料(朝食2名分無料)

・平日宿泊時に特別料金適用
 Superior Room 145USD++(税込約14,000円、上限5回まで)

・週末宿泊時に特別料金適用
 Weekend Package Rateから更に10%オフ

・スパ利用料金15%オフ
・食事の際の駐車料金無料

料金はどちらも2,500,000ルピア(約25,000円)で同じ、レストランでの割引条件も同じ(2名で50%オフ、3名で33%オフ、という感じ)です。お得度から言えばマンダリンですが、今回はシャングリラを試してみることにしました。基本的にジャカルタのホテルに泊まる機会はあまり無いので、無料宿泊の回数よりもグレードを重視しました。

ちなみに無料宿泊、特別料金適用の部屋の値段をウェブの代理店で調べてみたところ、
 マンダリン Superior Room(週末、朝食付) 約14,000円 
 シャングリラ Superior Room(平日、朝食付) 約21,000円
 シャングリラ Exective Room(週末、朝食付) 約22,000円
という感じでした。こうやって見ると、やっぱりマンダリンはかなりお得ですねー。今回はシャングリラにしましたが、機会があればマンダリンも試してみたいところです。
週末買い物に出かけた際、ジャカルタ市内のCity Walkというショッピングセンター(と呼ぶには小規模ですが)に立ち寄りました。ここはスディルマン通りの裏(インターコンチネンタルホテルの裏)で、上がCity Loftというアパートになっています。中にはスタバ、サテ屋、ワインバーなどがあり、ここのワインバーは時々2次会で利用することもあります。

今回の目的はここの1階にある衣料品を扱うアウトレット店「HERITAGE」です。バンドゥンにも同じ店があり、何度か行ったことがあります。バンドゥン店に比べると規模は小さいですが、子供向け、紳士向け、婦人向けの衣料品が市価よりかなり安く(といってもインドネシア価格よりは高めですが)売られています。探せば結構有名なメーカーの物もありますし、値立ても良い意味でいい加減なので(Old NavyとGAPとBanana Republicがほとんど同じ値段だったり ^^;)、日本から来たお客さんを連れて行くと喜ばれたりします。日本に一時帰国する時のお土産にも良いかもしれません。

アウトレットなので、気にいったデザインがあってもXLサイズしか残ってなかったり、明らかにデザインが古いものが混ざっていたり、ということもありますが、それを物色するのもまた楽しいというもの。とりあえずバナリパのTシャツを1枚、約900円で購入。Made in Cambodiaとのことですが、布の肌触りが良く、縫製も良い感じです。

店内をウロウロしていたら、日本の値札(¥3900)が付いたワイシャツを発見。「SUIT SELECT 21」というブランドで、日本向けの商品みたいです。おそらく日本の店舗で売れ残ったものが巡り巡ってジャカルタに来たんでしょう。丁度、次回の一時帰国の際にはワイシャツを買わなきゃ、と思っていたところ。約1000円で売られていたので早速物色(笑)。いくつか気に入った色、デザインを選び、Mサイズで袖84cmのものを探します。ピッタリの物が2種類あったので購入。

あとで調べてみたら「SUIT SELECT 21」は紳士服のコナカが展開していたブランドで、2007年にブランドネームのリニューアルを行って、現在は「SUIT SELECT」とのこと。もしかしたら、このワイシャツは3年以上倉庫で眠ってたのかも(爆)。
先ほど表題の件を友人がTwitterでつぶやいていました。普通の人なら、これを見て「お、便利になるなぁ」とか「うちの県でもカード払いできるようになれば良いのに」とか思うんでしょうが、筆者の場合「どのカードブランドが使えるんだろう?」「どこがアクワイヤラーとして加盟店開拓したんだろう?」「手数料どうするねん?」といった疑問が浮かんできます。病気ですね・・・(爆)。気になってしょうがないので東京都主税局のページに行ってみたところ、あっという間に解決しました。

使用できるカードブランド:VISA、Master、JCB、Diners、TS3
アクワイヤラー:トヨタファイナンス株式会社(指定代理納付者)
手数料:1件あたり315円を納税者が負担

自動車税は排気量によって変わりますが通常3~5万円位だと思います。キャッシュバック率1%のカードを使えば、手数料分は充分元が取れそうです。でっかい車を乗ってる方はむしろ数百円浮く可能性もありますね。これは利用するしかないでしょう!!

それにしてもトヨタファイナンス・・・、意外なところが来ましたね。VISAとMasterはトヨタファイナンス自身がアクワイヤラー業務を行ってますので問題無いでしょうが、JCBとDinersをどういうスキームで決済するのか気になるところですね。事情に明るい方、是非教えてください!(笑)
2004年4月に出張ベースでジャカルタに来てから、丸7年が経過しました。毎年この時期になるとビザの更新(1年有効で複数回入出国が可能なもの)を行っています。これを行うたびにパスポートのページが1ページずつ減っていきます。当然それ以外にも、日本への一時帰国や、周辺国への出張等で出入国する際にスタンプが押されます。そうなると結構速いペースでページを消費しちゃうんですよね。

ビザのスタンプを押すページは、筆者の5年有効のパスポートには28ページ分あります。今のパスポートは2009年3月取得で、2年ちょっと経過した現在、残りが9ページちょっと。このペースだと来年くらいには増補(1回だけ、40ページ追加可能)しないとダメですね。

ちなみに筆者のパスポートはジャカルタ日本国総領事館で発給されたので、発行官庁/Authorityの欄には「CONSULATE-GENERAL OF JAPAN AT JAKARTA」と書かれています(普通に日本国内だと外務省「MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS」ですね)。上記増補も、総領事館で受けることが可能です。
筆者は普段、電気式の髭剃り(シェーバー)を使っています。髭がそれほど濃い方でもないので特別良いスペックの物が必要というわけでもなく、特にこだわりもないのですが、ブラウン XPS 5774というモデルをここ数年使用しています。最近のは水洗いができて便利ですよね。

先日使用中に、何かチクチクするなぁと思ったら、その髭剃りの外刃(ネットみたいな部分)の一部が欠けていました。このまま使うのも怖いので、外刃の交換が出来るか調べてみることに。以前、筆者の親父も同様に替刃を買って交換していたので出来るはず。ブラウンのサイトで調べてみると通常18か月ごとに、外刃(ネット)と内刃(髭剃りの中で小刻みに震える刃)をセットで交換するのがお勧めとのこと。そういえば購入当初に比べて切れ味が悪くなっていた気もします。

ヨドバシのサイトで替刃を探してみたら、すぐ見つかりました。ただ一時帰国の予定もしばらく無いし、それまで髭剃りが使えないのも不便。ちょっとまてよ、ブラウンは有名なメーカーだしジャカルタでも手に入るかも、とベスト電器に行ってみたら、同じものがあっさり見つかりました。ちなみに価格は505000ルピア(=約5000円)と日本より少し高めでしたが即購入。ちなみにこの髭剃り、元々そんなに高くないモデルのはずなので、替刃の値段がかなり割高に感じますが、そういう商法(?)なのでしょうね。

帰宅して早速取り付けてみたところ、明らかに剃り味が良くなりました。しかし既に数年使っているので本体内のバッテリが弱っているみたいで、電源をつないだ状態と、つないでない状態(バッテリ使用時)で、駆動音が微妙に違います。バッテリ使用時の方が少し音が低い(動作が遅い)感じかな。なるべく電源に直接つなぎながら使用したいと思います。ていうか、どうせなら新しいのに買い替えた方が良かったかな(苦笑)。
以前書いたとおり、Wiiで通信カラオケ(JOYSOUND)が楽しめるということで、これをジャカルタで試してみました。Wii本体(日本仕様のもの)は友人が持っていたのを借りましたが、ソフトとマイクは筆者が通販で購入し、日本から来た友人に頼んで持ってきてもらいました。結論から言えば全く問題なく使えそうです。自宅のADSL 512kbpsでは通信速度が足りないかと思っていましたが、選曲の時も、曲の演奏が始まるまでの待ち時間も、特に気になりませんでした。これはWii本体の購入も真剣に考えなくては、ですね!!

ソフトは最新の「カラオケJOYSOUND Wii Super DX」で、マイク1本付きで約6000円でした。ちなみに後から知ったのですが、ソフトはWiiウェアとしても販売されており、1000円で購入可能ですので既にWiiをお持ちの方はこっちの方がお得かも。マイク単品が1本3000円程度で購入できますので、合計4000円程度ですね。ただし別途利用ごとに料金がかかることになっていて、

1日券(24時間) 300 Wiiポイント=300円
3日券(72時間) 500 Wiiポイント=500円
30日券 1000 Wiiポイント=1000円
90日券 2000 Wiiポイント=2000円

という感じです。しかしこの料金で歌い放題なので安いでしょう。海外での利用はそもそもサポート対象外だと思いますし、商用利用は明確に禁止されていますが、これ海外では(少なくともジャカルタでは)商売になりそうだなぁなんて思ってしまいました。

ちなみに上記WiiポイントはWiiショッピングからクレジットカード決済で購入可能ですが、ニンテンドーポイントプリペイドカードなるものもあるとのこと。他の金券類のようにオークション等に格安で出回っているかなぁと思って調べてみたのですが、ほとんど定価で売られているみたいです、残念。
こちらで予告した通り「楽天プレミアムカード」を解約して、楽天銀行のキャッシュカード機能の付いた「楽天銀行カード」を作ることにしました。流れとしては以下のような感じです。

4/25(月)
昼頃コールセンターに電話。「楽天銀行カード」を作りたいので「楽天プレミアムカード」を解約する旨伝えました。「楽天プレミアムカード」はこの時点で解約となり使えなくなります。「楽天銀行カード」は3日ほど経ってから申し込んでくださいとのこと。既に「楽天カード」を持っている人は「楽天銀行カード」に重複して加入できません。今回の解約の情報がシステムに反映されるまでに少し時間がかかるので、念のために3日ほど待った方が良い、という意味合いなのでしょう。ちなみにカード(プライオリティパスのカードも)は自分でハサミを入れて処分してくれとのことでした。

4/28(木)
夜、帰宅後に楽天銀行のウェブから「楽天銀行カード」を申し込み。勤務先やら借り入れ状況やらをウェブ上で入力。いちいち紙で書かなくても良いのは本当に便利。おそらく2年前に「楽天プレミアムカード」を申し込んだ時と全く同じ内容を書いたと思います。

4/30(土)
日本時間14:30に発行手続き完了を知らせるメールが届く。ここから10日程度でカードが自宅に転送不要の簡易書留で届く予定。

日本は連休だというのに、なんとスピーディーな対応。弊社も29、30は休みのはずなので、今回は職場への在籍確認の電話をしてないだろうことが推測できますね(苦笑)。まぁたまたま休日出勤してる奇特な人がいて対応してくれたのかもしれませんが、今回はたぶんやってないでしょう。つい先日まで「楽天プレミアムカード」の優良顧客?だったわけですから厳密に審査する必要なし、と思われたのでしょう。いずれにしても、あとはカードの到着を待つだけです。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。