【765】スウォッチの電池交換

しばらく(4~5年位?)止まったままになっていたスウォッチの電池交換をしてみました。この時計は確か、どこか海外旅行に行ったときに時計を忘れて、思いのほか不便だったので(当然)、空港の免税店で買ったと記憶しています。今なら携帯がありますが、当時はまだ旅先で海外ローミングの携帯電話を持ち歩くなんてことは無かったですからね。

DSC_0124.jpg

ベルトの数字には
「営業たるもの、いつも
数字を意識して・・・」
という意味も込めてます(笑)。






裏の銀色のふたをコインで回すと簡単に電池が入れ替えられる。このふたの横に「11.60 x 3.10 1.55V」という文字があり、これを元に一覧表から使用する電池を調べてみたら、LR1130、SR1130W、SR1130SWという3種類がヒット。1130というのが形(直径や厚さ)を表すようで、この3種類はすべて同じ形をしてるってことです。おそらくどれを入れてもスウォッチは動くと思います。しかし電池の規格にもいろいろとありまして、

LR=アルカリ電池
SR=酸化銀電池
→時計など長持ちさせる必要があるものには、高価だが長持ちするSRを使う

W=ハイレート(高出力タイプ)
SW=ローレート(低出力タイプ)
アナログ時計はSWを使う。デジタル時計など、より高い電流を必要とするものはWを使う。

こんなことで、結局スウォッチにピッタリなのは「SR1130SW」ってことです。インドネシアでも街の時計屋さんで簡単に手に入ります。電池を入れると4~5年ぶりに動き出しました。めでたし、めでたし。