2015年5月アーカイブ

約6年前、ちょうどネットブックというのが流行りだした頃、EeePC S101(限定色のスパークリングピンク)を購入しました。当時としてはまだ珍しかったSSDを搭載しており(たったの16GBですが)、デザインも良かったので、出先からのメールチェック等に活躍してくれました。しかし今やメールチェックはスマホで簡単に出来る時代、そしてWindowsXPもサポート切れとなり、お役御免とすることにしました。

オークションを覗いてみたところ5千円~1万円程度で売れるみたいです。省電力CPU搭載なので、Linuxを入れてサーバー用途に使うなんて方もいらっしゃるようで。こんな古いPCでも使ってくれる人がいるというのはありがたいこと。とりあえず出品に備えて、データ消去も兼ねてリカバリーを実行することにしました。

このPCにはリカバリーDVDが付属していますが、DVDドライブは内臓されていません。USB接続の外付けDVDドライブを使ってリカバリーをする必要がありますが、筆者の手元には外付けDVDドライブがない、ということで、リカバリーDVDからデータを引っ張り出して、USBメモリに入れて、USBメモリから起動してみることにしました。

<準備編~以下の作業はデスクトップPCで行います>

1. 起動可能なUSBメモリを作成するRUFUSというフリーソフトをダウンロード。このソフトは起動可能なDVD/CDのisoイメージを利用して、起動可能なUSBメモリを作成してくれます。

2. DVDドライブにEeePC S101のリカバリーDVDをセットし、今回使用するUSBメモリを刺した状態でRUFUSを起動します。対象のUSBメモリを選択し、isoイメージとしてリカバリーDVDのルートにあるWINPE.ISOを指定します。数分程度で起動可能なUSBメモリが完成します。

※エラーが出て完了しないことがあります。この場合は、USBメモリをフォーマットしてから再度試すか、別のUSBメモリを使用してみてください。

※ちなみに筆者は最初、リカバリーディスクの丸ごと全部のisoファイルを作成して、起動可能なUSBメモリを作成しようと試みたのですが、RUFUSがisoファイルをうまく認識してくれず断念。

3. リカバリーDVDにあるRecoveryフォルダをUSBメモリにコピーします。このフォルダの中にSymantec Ghostのイメージ「EEEPC.GHO」が入っています。

4. 最初に起動するプログラムを書き換えます。USBメモリの \I386\SYSTEM32\WINPESHL.INI をメモ帳で開き、2行目の「X:\EPCRECOVER.exe」の部分を「X:\GHOST32.exe」に書き換えます

※ここを書き換えないと、USBメモリから起動した後、EPCRECOVER.exeが起動してしまいます。こいつがお節介で(笑)、DVDドライブの接続をチェックして、DVDドライブが無いとリカバリーに進ませてくれません。このため直接リカバリー用のソフトSymantec Ghostを起動するために、上記の書き換えを行います。

<リカバリー実行編>

1. 作成した起動可能なUSBメモリを刺した状態で、EeePC S101のスイッチを入れる。F2を押してBIOSに入る。

2. Bootメニューに入り、Hard Disk Drivesの順番を変更。1st DriveにUSB:Generic USB(起動可能なUSBメモリ)を指定する

3. Exit & Save Changes(設定を保存して変更)を選んで再起動すると、USBメモリからWindowsPEが起動し、続いてSymantec Ghostが起動する。

※筆者の環境では上記設定の変更だけでUSBから起動しましたが、うまく起動しない場合は、Boot Device Priority の順序を変更する(HDDを1st Boot Deviceに設定)、Boot BoosterをDisabledに変更する、などを試してみてください。

4. Symantec Ghostの画面で、Local→Disk→From Imageを選択。Recoveryフォルダの中にあるEEEPC.GHOを選択。

5. 復元先ドライブ(おそらくDrive 1、16GBのドライブ)を選択。復元は数分で終わる。

6. 復元が終わったらUSBメモリを抜いて再起動。WindowsXPの初期設定画面が現れます。

以上で完了。めでたし、めでたし。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。