【850】一時帰国時に使うSIM検討

| コメント(0)

今月末から家族が約1ヶ月間日本に一時帰国するので、その間のネット接続環境を検討することに。自宅にはWiFiが飛んでいるが、出先でもウェブ検索したり、子供がぐずった時に動画を見せたり(これが非常に重要)することもあるので、とにかくSIMは絶対必要。

これまではOCNモバイルONEプリペイド(容量型)を使ってきた。年間維持費が6480円(1GB 2160円/4ヶ月)と安く済むのだが、最近では1GBの容量では足りなくなってしまうことがある。容量追加も可能だが1GBあたり2160円と割高なので、もう少し容量が多めのサービスを検討したいところ。というわけで、いくつか調べてみた。

b-mobile 「VISITOR SIM」は直販サイトで買えばサービス開始日を事前に指定できて、アクティベーションも不要、容量制限もなし。維持費がかからず使いたいときに申し込めるのはメリットだが、2380円/14日というのは少々割高かもしれない

同様のサービス、FREETEL 「Prepaid Data SIM」「1GB 1780円/7日」プランと、「2GB 2780円/30日」プランがある。b-mobileと違って容量の上限があるので、上限を超えた場合、500MB 1480円のリチャージクーポンを使用しなければならず、結果的に割高になる可能性も。

So-net 「0 SIM」月額基本料金が無料で500MBまで利用でき、それを超えると課金される(上限は5GB 1728円)という仕組み。維持費がかからないのが最大のメリットだが「3ヶ月連続してデータ通信のご利用がない場合、自動的に解約」となるので、我が家のように半年以上日本に帰らない家庭には不向き。

あと候補に挙がるのは、月額基本料金が安いFreetel(322円)、DMM(518円)、イオン(518円)、楽天モバイル(567円)あたりか。楽天は解約しそびれたSIMを持っているので、乗り換えの手間等を考えれば、これを生かしておくのも手か。

などと思案していたところ、日本在住の友人から「だったら一時帰国の間SIMを貸してあげるよ」という申し出が!確かに筆者の友人クラスタには予備のSIMを持ってる人が何人もいそうな気が(笑)。灯台下暗し。大手キャリア、格安SIMに続く第三の選択肢が登場(爆)。(厳密にはSIMを他人に貸すのは???)

というわけでいろいろあったが、結局今回は解約しそびれてた楽天モバイルを使うことに。現在567円/月の最低プランで契約中だが、これでは通信速度が200kbpsと遅いため、一時帰国する8月だけは972円/月のプランに変更し、そのまま8月一杯で今度こそ解約。そして次回の一時帰国(来年?)の時は、誰かのSIMを借してもらう方向で事前調整だなと(笑)。

コメントする

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

この記事について

このページは、もりもりが2016年7月 4日 23:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【849】楽天モバイルカスタマーセンターに海外から電話する方法」です。

次の記事は「【851】楽天モバイルがWebから解約可能になっていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。