【860】格安10インチタブレット「VOYO Q101」

| コメント(0)

voyo.jpg仕事の関係もあって最近タブレットをいじる機会が増えたのですが、最近触った中で一番面白かったのは「VOYO Q101」というモデルです。何が面白いかといえば、ズバリその安さ。いくつかのウェブサイトで販売しているようですが、GEARBESTでは現時点(2017/11/3)で送料込みで94.99ドル、日本円で10,806円で販売されています。充電器とMicroUSBケーブルも付属しています。また専用のケースも売られていて、両方合わせても11,423円です。もちろん値段相応の安っぽさが感じられる部分も多々あるのですが(笑)条件さえ合えば良い選択肢になると思いますので、触ってみた印象等をご報告したいと思います。

〔1. スペックは高くないが実用上問題なし〕 詳細スペックはウェブサイトを参照いただきたいのですが、決してハイスペックではありません。しかしCPUは一応オクタコア、RAM 2GB搭載です(RAM 3GBのモデルもあるが高い)。SIMスロット(標準サイズ×2枚)、MicroUSB端子(最近流行りのType-cではないところがむしろ良い)、電源スイッチ等のI/Oが集中して配置されているのは、おそらくスマホ用の基盤を使っているからではないでしょうか。売れ残ったスマホ用の基盤を流用して低価格を実現しているのでは?などと邪推しております。

〔2. デュアルSIM対応、2G/3G/4G対応〕 デュアルSIM対応、サイズは今時珍しい標準サイズ。MicroSDHCスロットも付いてますので内臓ROM 32GBと合わせてストレージ不足の心配はないでしょう。4Gの対応バンドは、2100(1) / 1800(3) / 2600(7) / 2600(38) / 1900(39) / 2300(40) / 2500(41) MHzですので、日本でもインドネシアでも、まぁ問題なさそうです。Bolt!が使っているBand40に対応しているのはジャカルタ在住者にはうれしいところ。SIMスロットは若干固めで、SIMカードがすんなり差し込めなかったりします。コツが分かれば大丈夫なのですが、このあたりの雑さ加減は値段相応な感じですね(笑)。

〔3. ロットによって仕様が微妙に違う〕 同じ「VOYO Q101」でも発売された時期によって仕様が少しずつ異なる模様。5月に書かれたこちらの記事ではWiFiが2.4GHzのみ対応と書かれていましたが、9月に筆者が入手したモデルは2.4/5GHzの両対応になっていました。またOSも発売時期によってAndroid4.0.4 / 5.1 / 6.0 / 7.0と各種ある模様。バッテリ容量は9月に入手したモデルは5000mAhだったのに対して、10月に入手したモデルは6500mAhでした。新たに出荷されたロットの方が少しずつ良いスペックになっているようです。おそらく現時点で最新の物を買えば、OSはAndroid 7.0、WiFIは2.4/5GHz両対応、バッテリは6500mAhであると思われます。

〔4. スクリーンに若干難あり?〕 複数台を使ってみて気づいたのですが、スクリーンの質に若干ばらつきがあるようです。スクリーンの隅に若干色ムラがあるものや、画面に気泡のような小さな汚れ?がついている個体がありました。実用上問題ありませんし、値段を考えれば諦めもつきますが、気になる人は気になると思います。返品も可能ですが費用と時間がかかりますので「まぁこんなもの」と思って諦めた方が良いかも。

voyo1.jpg〔5. 意味不明のスクリーンショット撮影ボタン〕 画面下のナビゲーションバーには通常3つのボタンが配置されていますが、このタブレットでは何故か通常の3つのボタンに加えて、一番右側にスクリーンショットを撮影するボタンが追加されているのです。これが本当に大きなお世話で、意図しない時に指が触れてしまって無駄なスクリーンショットを多数保存してしまうのです(笑)。ウェブ経由でサポートデスクに問い合わせてみても納得のいく回答が得られず、結局自力でナビゲーションバーのカスタマイズを行うことにしました。

まず10月に入手したAndroid7.0のモデルは、Custom Navigation Barというソフトを使ってナビゲーションバーのボタンのカスタマイズが可能でした。adb shellのコマンド打ったりする必要はありますが、これが一番すっきりします。

それより前(Android6.0より前)のモデルは上述のソフトが使えないため、Hyde System Barというソフトでナビゲーションバー自体を消してしまう(画面の下に隠してしまう)方法で対応するしかなさそうです。

このように若干クセはありますが、10インチのタブレットを1万円ちょっとで買えてしまうというのは破格の安さです。ダウンロードしておいた動画を見たり、YouTubeを見たりする分には全く問題ありません。画面が大きいので電子ブックリーダーとしても使えます。GPSも内蔵していますのでカーナビ的な使用法も出来そうですね。子供のおもちゃに、そしてオッサンのおもちゃに(笑)一台いかがでしょうか。

コメントする

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

この記事について

このページは、もりもりが2017年11月 3日 12:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【859】PayPalでJCBの外貨建て決済→やっぱり出来ません」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。