【863】ザ・カセットテープ・ミュージック「秋の名曲」

| コメント(0)

今週のテーマは「秋の名曲」とのことです。筆者としてはアリス「秋止符」、さだまさし「秋桜」、竹内まりや「September」あたりが真っ先に思い浮かぶところです。

  • 岩崎宏美「思秋期」作詞: 阿久悠、作曲・編曲: 三木たかし

この曲はオンエアでも流れた三木たかしが編曲したバージョンが一般的に有名ですが、萩田光雄が編曲したバージョンもありますので是非聞き比べていただきたいです。

経緯はちょっと違いますが、薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」も編曲が違うバージョンがありまして(星勝と井上鑑)、筆者は本家ともいえる来生たかお「夢の途中」の編曲も手掛けた星勝のバージョンの方が好きですね

「思春期」→「思秋期」とした阿久悠、さすが職業作詞家ですね。うまい。そして「終止符」→「秋止符」とした谷村新司(当時はアリス)も評価されるべきと思いますね。はい。

  • オフコース「YES-YES-YES」「I Love You」「秋の気配」「夏の終わり」 作詞・作曲:小田和正

直球の「秋の気配」ではなく、「YES-YES-YES」「I Love You」とはなかなか、と思いましたが、その後結局「秋の気配」「夏の終わり」と直球コテコテに収まり(爆)、4曲連続で完全にオフコース祭りとなってしまいましたね。「こんなことは今までなかった 僕があなたから離れてゆく」の歌詞は。。。グッときます。。。

スージー鈴木曰く、オフコースは「日本を代表する理系バンド」とのこと。確かに東北大学工学部建築学科(小田和正)と東京工業大学(鈴木康博)ですからね。

アルバート・ハモンドは「カリフォルニアの青い空」(It Never Rains In Southern California)の方が有名でしょうかね。そしてここで、クリシェについての解説がありました。

ZIGGY「GLORIA」
BOØWY「B-BLUE」
ドリカム「LOVE LOVE LOVE」

半音ずつ下がっていく進行として上記3曲が例として出てましたが、筆者としては是非メリーポピンズの「チムチムチェリー」も入れてほしいですね。クリシェとは「チムチムニーチムチムニーチムチムチェリー♪」と半音ずつ下がっていく進行です。

  • ちあきなおみ「黄昏のビギン」 作詞:永六輔 作曲:中村八大

オリジナルは「黒い花びら」で有名な水原弘ですが、1991年にちあきなおみがカバーしています。今ではこちらの方が有名になってしまいましたね。

この曲のコード進行「C→Am→CM7→Am」について「いこかもどろか進行」とは言い得て妙です。「涙のキッス」のイントロも同じですし、ドラえもんの映画「のび太と竜の騎士」のテーマソング「友達だから」(作詞:武田鉄矢 作曲:山木康世)のイントロも同じ進行、かな?

では本日はこの辺で。

コメントする

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

この記事について

このページは、もりもりが2018年11月25日 22:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【862】ザ・カセットテープ・ミュージック「日本アイドル史概論」」です。

次の記事は「【864】ザ・カセットテープ・ミュージック「後世に歌い継ぎたい日本の歌」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。