【831】インドネシアでのアマチュア無線免許取得(申請編)

| コメント(0)

2013年10月21日より、日本とインドネシアの間でアマチュア無線の相互運用協定が施行されました。これによって日本の免許を持つ人がインドネシアで開局したり、インドネシアの免許を持つ人が日本で開局することが出来るようになりました。筆者は中学生時代に免許を取得して以来、主に144MHzのFM/SSBにQRVしていましたが、インドネシア駐在10年となり局免失効&QRT状態、、、ということで、これを機にインドネシアのコールサインを取得してハムライフ再開を試みることにいたしました!

はじめに今回の相互運用協定のために、ご尽力いただいた関係者の方々にお礼申し上げます。今回の免許申請を行うにあたってはJA8VE斉藤OMのサイトを参考にさせていただきました。重ねてお礼申し上げます。

以下時系列に沿って記述します。特に注意が必要なところは※印をつけていますので参考にしていただきたく。

<2014年2月>
インターネットでたまたま日本とインドネシアの相互運用協定について知る。早速いろいろと検索するとJA8VE斉藤OMのサイトがヒット。そちらに記載されていた以下のメールアドレスに英文で問い合わせメールを送る(ORARI=インドネシアアマチュア無線連盟)。

To: hq_アットマーク_orari.or.id
CC: susilosuryo_アットマーク_gmail.com
CC: yb1gjs_アットマーク_yahoo.com
(スパム防止のため「@」を「_アットマーク_」と記載しています)

数日後、YB1GJS Mr. Gjellani(ジェラニさん)から返事あり。彼はORARIの国際担当で、外国人の免許申請の手助けをしてくれるとのこと。彼によると筆者の場合、KITAS(滞在許可証)の残存期間が短いため(2014年5月満了、問い合わせ時点で残り3か月を切っていた)免許の発行が出来ない。まずKITASを更新してから改めて申請してほしいとのこと。

※免許申請には少なくとも3か月以上の滞在許可の残存期間が必要。

また申請時には有効な局免も必要とのことで、失効していた日本の局免の更新(再免許)手続きも行うことにする。これは「総務省電波利用電子申請・届出システムLite」から手続き可能。手数料や電波利用料の支払いもネットバンク経由で可能。ただし初期パスワードの送付と、局免の送付には日本の住所が必要となるため、日本の家族などに協力してもらう必要あり。

<2014年6月>
ようやく滞在許可の更新が終わり、パスポートとKITASが手元に戻ってきたのが6月中旬。早速以下の書類のスキャンデータをMr. Gjellaniにメール添付で送信する。

・パスポートの写真のページ
・KITAS(インドネシアの滞在許可証)表裏両面
・日本の従免+英訳
・日本の局免+英訳

例:従免の英訳
Amateur Radio Operator Licence
Licence: The 4th grade Amateur Radio Operator
Licence No: XXXXxxxxx
Licence Date: 22 June 1990
Name: Yasuo Morinaga
Birthday: 02 April 1975
Director-General of Tokai Bureau of Telecommunication

例:局免の英訳
Amateur Radio Station Licence
Name: Yasuo Morinaga
Address: xxx xxx, Iga, Mie, Japan
Licence No: KAI-A-xxxxxx
Licence Date: 5 March 2014
Expire Date: 4 March 2019
Call Sign: JO2OWH
Director-General of Tokai Bureau of Telecommunication

※従免と局免には上記程度の簡単な翻訳を付ける必要がある。

局免には「移動範囲」「通信の相手方」なども記載されているが、そのあたりは省略しても構わない模様。「電波の形式、周波数および空中線電力」は元々アルファベットと数字で記載されているので翻訳の必要は無し。

この時点でMr. Gjellaniから「これらの書類をもとにインドネシアの情報通信省(KOMINFO)への申請書類を作るので、その書類が完成した時点で、サインをもらうために面会したい」との話があり、携帯電話番号を交換する。面会の時までに以下のものを準備しておいてほしいとのこと。

・縦3cm×横2cmで背景が赤の写真を3枚
・手数料合計25万ルピア

受取編へ続く

コメントする

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.7

この記事について

このページは、もりもりが2014年9月 5日 23:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【830】3G/4G WiFiルータの対応周波数」です。

次の記事は「【832】インドネシアでのアマチュア無線免許取得(受取編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。